公家侍秘録(1)
【京には秘められた武技があるーー公家の侍にして名刀を守る《刀守り》の時代活劇、ここに見参!】古より公家には、名物・名宝を愛でる心から《もの守り》をする者を置くと云われている――。時は江戸、かつては天皇のそば近くに仕えた名門・日野西も今や無役の貧乏公家…。心優しき当主・晴季と食いしん坊姫・薫子に仕えるは、見目麗しき公家侍の天野守武。だが守武には公家侍とは別に、日野西家に代々伝わる宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた。その家宝を狙い悪だくみを目論む武家が、薫子誘拐を企てていると知り――。そのほか、公家荒らしの魔の手が名刀『久国』に迫る「公家荒らし」、おてんば姫・薫子が妖しき茶会に誘われる「京の花闇」、守武そっくりの若宮に秘められた母子の愛「びんぶく」、友との再会と主従の憂う恋が咲く「古筆守り」、幼き日の守武に繋がる怪事件「幻術」を収録。
公家侍秘録(2)
【公家の侍にして、京に秘められた武技を使い名刀を守る《刀守り》の時代活劇、第二弾!】古より公家には、名物・名宝を守る《もの守り》を置くと云われている――。貧乏公家の日野西に仕える公家侍の天野守武は、宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた。元《古筆守り》の斎之介と千香子の祝言に、二人が営む表具屋へ赴いた守武と薫子。そこで幼き頃、千香に借りた形見の人形を返していないと知った守武達は、家中を探してボロボロに汚れた人形を発見する。元に戻せないかと人形屋を巡る薫子だけど、引受先が見つからず…。そのほか、弓矢に込めた清き恋物語「春の通し矢」、守武の縁談と新たな《もの守り》が登場する「秘聞香」、守武の内職先で起こる哀しき復讐劇「印地打ち始末」、斎之介と名画をめぐる殺人事件「真贋、紙一重」を収録。
公家侍秘録(3)
【公家の侍にして、京に秘められた武技を使い名刀を守る《刀守り》の時代活劇、第三弾!】貧乏公家の日野西に仕える公家侍の天野守武は、日野西家に代々伝わる宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた――。食い扶持のため内職を探しに出かけた守武と薫子は、途中立ち寄った茶屋でひったくりを目撃。守武が犯人を捕まえたことで事なきを得るも、その際に持っていた包みと盗まれた包みがすり替わってしまう。そのことに気付かずに持ち帰った荷を開けると、なんと幕府によって禁じられた春画が大量に出てきて!? そのほか、公家の盗賊・袴垂を気取る若殿と父親の確執を描いた「袴垂」、武士の誇り・刀の鐔をめぐる奇怪な事件簿「黄泉送りの鐔」、高級釘隠しの巡り合わせ「夢の名残」、かつて守武が命を助けた姫君の願いとは…「貴船川の姫君」を収録。
公家侍秘録(4)
【公家の侍にして、京に秘められた武技を使い名刀を守る《刀守り》の時代活劇、第四弾!】貧乏公家の日野西に仕える公家侍の天野守武は、日野西家に代々伝わる宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた――。仏前に供える菓子を買うため街に出かけた守武と日野西家一行。大勢の客で賑わう流行りの菓子屋に立ち寄ると、そこで大柄な態度の僧侶・有道と出会う。有道の態度に腹を立てた薫子達は店を後にして馴染みの菓子屋に赴くも、閑散とした店先に呆気に取られる。更に店の奥から狐に憑りつかれたという菓子屋の女将が現れて!? そのほか、宮家の重宝が生んだ悲劇「百世の守」、名刀『粟田口久国』の真贋が交錯する「江戸の土産話」、日野西家当主・晴季に恋の予感!?「名椿の森」、名物裂が引き起こした殺人事件簿「寒山・拾得」、窯元を舞台に姑嫁の絆を描いた「清水窯の姑嫁」を収録。
公家侍秘録(5)
【公家の侍にして、京に秘められた武技を使い名刀を守る《刀守り》の時代活劇、第五弾!】貧乏公家の日野西に仕える公家侍の天野守武は、日野西家に代々伝わる宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた――。日野西家当主・晴季が風邪を引いたため、なじみの薬屋に薬を買いに出かけた守武。ところが店前は役人と野次馬でごった返し、門前払いされそうになったところを薬屋の店主に声をかけられる。そこで店主が偽薬を売った疑いをかけられていると聞かされた守武は、さっそく晴季の命を受け事件解決に動く。だが、その動向を背後から見つめる怪しい影があり…。そのほか、贋屏風をめぐり斎之介と共同戦線を組む「因果の屏風」、才能によって引き裂かれた親子の悲劇「打ち出の小槌」、守武におとずれた美しき楽人との淡い春の行方は…「選ばれし楽人」を収録。
公家侍秘録(6)
【公家の侍にして、京に秘められた武技を使い名刀を守る《刀守り》の時代活劇、第六弾!】貧乏公家の日野西に仕える公家侍の天野守武は、日野西家に代々伝わる宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた――。守武の新しい内職先は、贅を尽くした料理が自慢の料亭・いち松。さっそく働きに出かけた守武と興味本位でついてきた日野西家一行は、いち松の女将と男たちが揉めている場面に遭遇する。なんでも季節外れの高級食材を栽培するためいち松が肥やしを一人占めしているとかで…。そのほか、型破りな若者が起こす珍騒動「ふつつか者の功名」、自害した女子の仇討ち物語「糺の森の…」、風変わりな姫君の婚前家出事件簿「虫籠と虫めづる姫君」、金魚を愛する男が救いたかったのは…「秋の金魚」、仲睦まじい夫婦に起こった悲劇「百間屋敷の決闘」、棚からぼた餅な番外編「薫子、ツキに恵まれるの巻」を収録。
公家侍秘録(7)
【公家の侍にして、京に秘められた武技を使い名刀を守る《刀守り》の時代活劇、第七弾!】貧乏公家の日野西に仕える公家侍の天野守武は、日野西家に代々伝わる宝刀『粟田口久国』を守る《刀守り》の役目も仰せつかっていた――。ある日、父の命日に墓参りに出かけた守武は、そこで父の友人・神尾と再会する。対面の祝いにと神尾の家に誘われるも、彼の内職先である織屋の織子達が相談にきていた。なんでも高級織物“ねねの小袖”を仕立てた暁には特別手当を出す約束をしていた店側が、完成後に支払を拒否してきたと聞かされ…。そのほか、御用車に隠された悪事を暴く「からくり御用札」、珍しい鳥をめぐる善悪物語「無垢なるものは…」、男達を誑かす美人親子の罠「化かし女狐」、悲劇が生んだ親子の別れ話「隅田川無情」、《もの守り》の真髄に触れる「名筆よ、永遠に眠れ」を収録。
また読みたい
フォロー