極東事変 1巻
1945年9月、東京。焼け野原になった街の裏側で、ある戦後処理が行われていた。731部隊による人間兵器、その残党の殲滅である。不死身の少女兵士・砕花(さいか)は、生きて自由を得るため、死神と恐れられた衛生兵・近衛勘九郎(このえ・かんくろう)を部下に、同胞殺しの任に就く。
極東事変 2巻
GHQが極秘に遂行する戦後処理。731部隊が作った不死身の生体兵器〈奇兵隊〉の殲滅作戦は、元衛生兵・近衛勘九郎と、少女兵士・砕花の活躍により順調そのものに見えたが……。終戦を否定し、日本人による軍事国家樹立を目指す<奇兵隊>の活動は、水面下で着々と進み、遂に罪なき市民までも巻き込まんとしていた。果たして、近衛と砕花は東京を守れるのか!?戦後ゼロ年、戦闘活劇! 待望の第2巻!!
極東事変 3巻
戦後日本。平和を取り戻した東京を、再び炎が包む!731部隊が作り出した不死の兵団“奇兵隊”は、軍事政権の復権を画策し、GHQ、そして市民へと武器を向けるーー! 砕花と近衞は東京を守れるか!?
また読みたい
フォロー