icon_reread
また読みたい
フォロー
愛と誠(1)
スキー客で賑う蓼科高原スキー場。大財閥の一人娘・早乙女愛は両親と共に別荘に滞在していた。初めてのスキーに夢中の愛は、危険なスロープでスピードを上げたスキーを止められず、大事故寸前。危機一髪でスキー小屋の番人の息子・太賀誠に助けられた。しかし、誠は愛のスキー板で額に大ケガを負ってしまう。その後8年が経ち、中学3年生になった愛は、誠と運命の再会を果たす!
愛と誠(2)
額のキズのせいで過酷な少年時代を送った誠は、冷血な人間になっていた。父親の力により誠を自分が通う名門校・青葉台学園高等部に編入させた愛。狼のような誠を立ち直らせようとする愛だが、誠は青葉台学園高等部で狂暴な性格を発揮し始める。そんな時、誠の策略によって、大勢の生徒の前で「誠への愛を否定しない」と言わされてしまった愛は、落ちた偶像と皆に蔑まれ、学園での立場は最悪なものとなっていた…。
愛と誠(3)
帰国した母に誠の事が知れてしまい、そしてその誠や火野にバイトの事までバレた愛。だが、誠には感謝されるどころか、脅しのネタとして利用されてしまい、愛は絶望的な状況にあった。そんな時、火野に決闘を挑まれた誠は、剣山を腹に仕込み、火野の拳を潰す卑怯な作戦を使う。卑怯な手を使い、その上さらに火野を痛めつけようとする誠に愛は、代わりに自分を痛めつけるよう火野を庇う。だがそこへ、中等部のウラナリ秀才と言われる岩清水が現れ、勇気を出して誠の前に立ちふさがった。岩清水の決死の覚悟に愛と誠は…。
愛と誠(4)
愛は平和ではない、愛は戦いである。誠のためと思い、青葉台学園高等部に父親の力で編入させた愛だったが、その誠により青葉台学園は修羅場と化し、多くの生徒たちを傷つけてしまった…。そうした経緯から愛は、ついに誠に対し宣戦布告し、逃げることをやめて高等部へと進学する。一方、誠は、愛を苦しめるため様々な細工をして黒雄高との乱闘騒ぎを起こすと、これを全て愛が元凶で起こった事件であると世間に思い込ませ、愛を追いつめる。そして、黒雄高との因縁はいよいよ激化し、決戦へと発展する。だがそこに愛が現れ、身を挺して両者の衝突を防ごうとするが、聞き入れない誠や黒雄高の男たちの乱闘に巻き込まれて……。
愛と誠(5)
警察沙汰となった黒雄高との決戦後、誠は青葉台学園を退学となり、花園実業高校に転校。だが、手に負えないほどの不良であふれている花園実業は、悪事など日常茶飯事。2年E組に編入した誠は、さっそくスケバングループと対立していた。一方、誠と黒雄高の決戦を身を挺して防ごうとした愛は、その時負った怪我のため入院していたが、退院後、誠を追って花園実業に転校する。そこで、花園実業の生徒に似合わない清楚な美少女・高原由紀と親しくなるのだが…。そして、愛の身を案じる両親は、高校教師のタマゴ・天地大介を、愛のボディーガードとして花園実業に送り込んでいた。
愛と誠(6)
美少女・高原由紀の正体は、花園実業高校の影の大番長だった。その由紀をもう少しで倒せそうな誠だったが、怪力の持ち主、ゴリラのような男にジャマされる。彼は政界、財界の黒幕と言われる父親を持つ、花園実業の影の校長・座王権太。誠によって影の大番長としてのプライドを傷つけられた由紀は、愛を拘束し、彼女を餌に誠をおびき出そうとする。そして、由紀からの果たし状とも言える手紙が誠の下に届くが、誠の体は、由紀と権太から受けた傷でボロボロだった…。
愛と誠(7)
花園実業高校の大番長・高原由紀が自殺した。「このままでは太賀誠を愛してしまう」と遺書を残して…。由紀に恋していた座王権太は、愛と誠が由紀を自殺に追い込んだと思い込み、入院中の誠が全快した時には彼を殺し、愛する人を失った苦しみを愛にも味あわせようと誓う。そして手始めに、イギリス留学が決まっていた愛を、父親に頼み花園実業に留めさせる。権太のすさまじい復讐心に恐怖を感じた愛は、入院中の誠に向けて「退院後には花園に戻らないでほしい」と手紙を送るが、退院した誠は、学校に戻って来てしまう…!
愛と誠(8)
政財界の黒幕で権太の父・座王与平により、イギリス留学や転校が不可能になった愛を守るため、岩清水は親の反対を押し切り、花園実業へと転校。その岩清水、そして愛、誠、権太の目の前に、自殺したはずの高原由紀が現れた!?だが、由紀の顔半分は醜くキズついていて…。生きていたら誠を愛してしまうと遺書に残した由紀は、誠に愛の告白をするが…誠の愛情は早乙女愛に対してのもと知った由紀は、愛の顔も自分と同じように変えてやると、誠の下を去って…!?
愛と誠(9)
愛の顔も自分と同じように醜く変えると誓い、権太にそれを命じた高原由紀。だが、間一髪、誠が愛を救う。息子の権太が大ケガを負わされたことに怒った父親の与平は、男たちを使い、誠を拉致する。一方、権太は愛の美しい顔をキズつけるため日本刀を持ち出し、再び愛を狙って早乙女邸に忍び込んでいた…!
愛と誠(10)
誠の愛が偽りのものだと悟った由紀は誠を憎むが、まずは誠に借りを返すため、スケバングループを率いて拉致された誠を助ける。一方、愛は両親に置き手紙を残し、誠との思い出の場所、蓼科高原へと向かう。だが、誠を痛めつけるために愛を狙うことにした由紀は、スケバングループと共に愛の後を追っていた…!そして、権太逮捕のために動いていた警察が、ついに、無法地帯・花園実業高校に介入する!!