また読みたい
フォロー
「年収3500万円でもやりたくないお仕事ってナーニ?」医療崩壊の流れが加速する中、もっとも新聞を賑わしているのが「麻酔科医」不足。民間病院の麻酔科医がいっせいに辞め、年収3500万円で急募した、というニュースは話題を呼んだ。なぜ麻酔科医は辞めるのか?その知られざる激務と日常を、大学病院の麻酔科医・華岡ハナコを主人公に、時にシリアスに、時にコミカルに、すさまじいリアルさで描く。激務・安月給・セクハラ…きっつい仕事と思いながらも、今日もハナコは元気に麻酔をかけるのだ!
現在の医療崩壊の最大要素のひとつである医師不足の中でも深刻なのが「麻酔科医」不足。その激務と日常を、大学病院の麻酔科医・華岡ハナコを主人公に、時にシリアスに、特にコミカルに、すさまじいリアルさで描く話題作、待望の第2巻。今回はハナの病院が三次救急指定を受け、病院は救急患者で溢れ修羅場に…!?
現在の医療崩壊の最大要素のひとつである医師不足の中でも深刻なのが「麻酔科医」不足。その激務と日常を、大学病院の麻酔科医・華岡ハナコを主人公に、時にシリアスに、特にコミカルに、すさまじいリアルさで描く話題作、待望の第3巻。
「たった2才の女児に二重の手術!?」「女医の婚期は心電図?」「麻酔科医と心臓手術」ほか、今回も様々な問題にハナコは全力で向き合う……!「麻酔科医」の激務と日常を、大学病院の麻酔科医・華岡ハナコを主人公に、時にシリアスに、特にコミカルに、すさまじいリアルさで描く、各界から大絶賛の医療ストーリー!
華岡ハナコは大学病院の麻酔科医。世間と隔絶した手術室で、患者の生命活動の一切を手術終了まで絶え間なく管理するという重要な役割を担っている。“麻酔科医の鵜飼い”に清潔騒動、腹臥位での再挿管そして医者のモテ期と!? 命の現場で、黙々と己が役割をこなす知られざる医師、麻酔科医の世界へようこそ!
深刻な医師不足に悩む「麻酔科医」の激務と日常を、大学病院の麻酔科医・華岡ハナコを主人公に、時にシリアスに、時にコミカルに、すさまじいリアルさで描く、累計60万部突破の医療コミック。帝王切開後の緊急事態を救うため、グラグラの歯を守るため、ハナは今日も大奮闘。日本語が通じない患者さんに戸惑ったり、若き研修医を怒鳴りつけてしまったり――。どこから読んでも面白い大ヒット作、待望の第6巻です!