あらすじ

鬼道衆を離れ、この世界で最も愛する女性・絵里の元に戻った蔵蒼平。しばし絵里との情交を愉しむが、そこに物音ひとつさせず賽河星之助が近づき、蒼平を襲う。鎖で柱に縛りつけた蒼平の眼前で、星之助は絵里を奪う。「おまえは俺の子を宿す……やがて……俺の子供が生まれる……宿命だ」。星之助の言葉の意味するところとは……?