reread
また読みたい
フォロー
明暦2年(1656年)、将軍・徳川家光の治世は終わり、病弱で若い家綱の時代。三浦安次が領主の下野壬生3万石。その三浦家の嫡男を養育する城下にある黒松屋敷から物語は始まる。鬼道衆の手練れである蔵蒼平は黒松屋敷に潜り込み、黄金城への手がかりを探していた。そこに人でありながら鬼道衆と同じ力を持つ賽河星之助が現れ、蒼平と刃を交える。イマジネーション溢れる原作の魅力を、独特の感性と筆致で描き出した『妖星伝』第1巻。
黄金城の場所を知るという賽河星之助は、お幾の身体と引き換えにその場所を教えると言う。星之助の申し出を断ったお幾だったが、日天にその咎を責められる。日天に抱かれる様を、お幾が思いを寄せる片井俊作に写し取られ、お幾は自己嫌悪に陥る。そんな折、お幾の前に星之助が現れ、お幾たち鬼道衆が待ち望む、泥喰いが日本全土を覆う時節が迫っていることを予言する。謎を孕みつつ展開する第2巻。
鬼道衆を離れ、この世界で最も愛する女性・絵里の元に戻った蔵蒼平。しばし絵里との情交を愉しむが、そこに物音ひとつさせず賽河星之助が近づき、蒼平を襲う。鎖で柱に縛りつけた蒼平の眼前で、星之助は絵里を奪う。「おまえは俺の子を宿す……やがて……俺の子供が生まれる……宿命だ」。星之助の言葉の意味するところとは……?
緑色の流れ星に導かれるように、賽河星之助は黄金城に辿り着いた。そのあとを追って、お幾、蒼平も黄金城に入る。人の心を読んで女人には快楽を、男衆には苦痛を与える、黄金城の番人・赤目、黄金城にて星之助達を導く骨体骸、そして鬼道衆が待ち焦がれる外道皇帝……数々の謎が明かされる第4巻。