reread
また読みたい
フォロー
元暴走族の総長・源田義経(げんだ・よしつね)が、さまざまなライバルとのラーメン勝負を繰り広げながら、ラーメン職人として成長していく熱血グルメコミック!素手で麺上げをする名人芸を持つ「がんてつラーメン」の主人・源田巌鉄(げんだ・がんてつ)。その息子・義経は暴走族「沙羅満陀」の総長であり、喧嘩三昧の日々であった。ある日、レディースのレミに騙されて、店を売る契約をさせられそうになった義経は……!?
父・巌鉄(がんてつ)の腕が動かなくなったために、「がんてつラーメン」を切り盛りすることになった元暴走族総長・源田義経(げんだ・よしつね)。父のラーメンの味を自力で追い求めようと奮闘する義経であったが、「がんてつラーメン」をつぶそうと企む伍楽不動産・蛭田(ひるた)によって、麺を仕入れていた西山製麺から取引を中止され……!?
麺打ちをマスターして、「がんてつラーメン」の評判を上げた源田義経(げんだ・よしつね)。しかし大番屋チェーンの牛嶋剛造(うしじま・ごうぞう)から喧嘩を売られて、M市一番の味を賭けてラーメン勝負をすることに!化学調味料を使う大番屋のラーメンを馬鹿にしていた義経だったが、牛嶋が伝説の流れ職人だと知って……!?
伝説の流れ職人・牛嶋剛造(うしじま・ごうぞう)とのラーメン勝負に勝利した源田義経(げんだ・よしつね)だったが、牛嶋の作ったトンコツラーメンの味に圧倒されて、ラーメン職人として苦悩し始める。そんな時、父・巌鉄(がんてつ)が「がんてつラーメン」に戻ってきて、自分のラーメンを求める義経を修業の旅へ送り出す…。
ラーメン修業の旅で横浜にやってきた源田義経(げんだ・よしつね)は、スープ泥棒の騒動が発端となって、新興チェーン「Hama龍」と老舗「濱龍」のラーメン対決に巻き込まれてしまう。そして義経は、交通事故に遭った「濱龍」の主人・濱口龍之介(はまぐち・りゅうのすけ)に代わって、初めてのトンコツラーメン作りに挑戦するのだが……!?
ラーメン修業の旅で、トラック野郎が先を争って食べに行くラーメンがあると知った源田義経(げんだ・よしつね)。それは未亡人・花岡美佐子(はなおか・みさこ)が営む屋台「大助ラーメン」であり、そのラーメンの美味さに感動した義経は美佐子への弟子入りを志願する。しかし、「大助ラーメン」を忌々しく思う「みなとや」社長が……!?
潮浜町での「大助ラーメン」の存亡を賭けて、「みなとや」とラーメン勝負をすることになった花岡美佐子(はなおか・みさこ)。しかし、対決する「みなとや」側の職人は、自分の弟子であった源田義経(げんだ・よしつね)であった!義経が作り出した大漁海鮮ラーメンの圧倒的な旨さに、「大助ラーメン」は敗れてしまうのだが……!?
因縁の宿敵・牛嶋剛造(うしじま・ごうぞう)と再会した源田義経(げんだ・よしつね)は、「この岐阜であんたのラーメンに勝ってみせる」と宣戦布告する。そして「麺ランドパーク」岐阜代表を決める予選オーディションに、弱小店「ラーメン徳川」の助っ人として参加した義経は、味噌トンカツをヒントにして新ラーメンを作り出すのだが……!?
「麺ランドパーク」岐阜代表本選会がいよいよ開始!しかし「ラーメン徳川」の助っ人・源田義経(げんだ・よしつね)は、遅刻をして失格寸前に!?そして、強敵である「今川屋」織田獅子丸(おだ・ししまる)の「獅子丸ラーメン」に対して、義経が作り出したのは、具はネギのみで茶色い麺の貧相なラーメンだったのだが……!?
「麺ランドパーク」本選会で会った伝説の拉麺職人・平瀬清盛(ひらせ・きよもり)を追いかけて、広島にやってきた源田義経(げんだ・よしつね)。そこで清盛の店「あたりや」の看板を狙う三兄弟とともにラーメンを作ることになった義経は、素材を確かめず不味いラーメンを作ってしまう。しかし清盛は、義経を自分の跡継ぎに指名して……!?