あらすじ

以前につけ麺対決で、ラーメン業界に入ってから初の敗北を喫した汐見ゆとり。そのゆとりに土をつけた同業他社・味惑コーポレーションの難波倫子と、今度は学生街・お茶ノ水でボリューム系ラーメンの新メニュー考案バトルが勃発!一度負けた相手には二度と負けたくはないと息巻くゆとりだったが、注目の対決で難波はゆとりの考案したメニューに対し「ボリューム系の何たるかをわかっていない…」と一刀両断に切り捨てる。難波の言葉の意図とは?そしてもつれる勝負の行方はいかに!?その他、ラーメンの味は問題ないのに何故か客が入らない「魔のテナント編」、とある地方都市から依頼が舞い込んだ「ご当地ラーメン作り編」を収録した、読み応え満腹の一冊です!!