ぼくはまりのなか
ぼくは麻理のなか 1
ぼくは麻理のなか 2
ぼくは麻理のなか 3
ぼくは麻理のなか 4
ぼくは麻理のなか 5
ぼくは麻理のなか 6
ぼくは麻理のなか 7
ぼくは麻理のなか 8
ぼくは麻理のなか 9
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『ぼくは麻理のなか』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
ぼくは麻理のなか
ぼくは麻理のなか
押見修造
押見修造
あらすじ
友達が一人もいない大学生の≪ぼく≫の唯一の楽しみは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行すること。いつものようにその娘を尾行していたら突然記憶が飛び、≪ぼく≫はその娘のベッドで寝ていて、≪ぼく≫はその娘になっていた。その娘は≪麻理≫という名だった――。
ぼくは麻理のなかの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
描き終えてこうなったのは良かったのか、個性が1つなくなったのか。
あと、このAVは意味不明すぎて、確かに忘れらんだろうなって思った。
巻末の押見修造のコラムマンガが面白かった。なんか、こいつは本物だなって思った
主人公(男)が好きな女の子になっちゃうんだけど、元の自分は自分で生活してて、挙句そいつにも好き...
プロフィールはありません
プロフィールはありません
プロフィールはありません