あらすじ

夏休みに入り、アスミ、ケイ、マリカ、府中野、秋の5人はアスミの故郷である唯ヶ浜に遊びにやってきた。近くの浜辺に海水浴にきた5人は、遊びで負けた人が自分の秘密を打ち明けるという罰ゲームをやることになった。負けたのはマリカ。些細な遊びのはずだったのだが、マリカが打ち明けた秘密は、自分がクローンであるということだった。