icon_reread
また読みたい
フォロー
境界迷宮と異界の魔術師(1)(ガルドコミックス)
貴族の庶子に生まれ、兄弟に虐げられてきた少年・テオドールは、事故で死にかけた際に【前世の記憶】を取り戻す。それは前世――“霧島景久”として、この世界そっくりのVRMMOゲーム『Break Force online』を【テオドール】という名のキャラでプレイし《境界迷宮》に挑んでいた記憶であった。そして、記憶だけではなく、かつてゲーム中で身につけていた“魔法スキル”をも取り戻した少年は、従者の少女・グレイスと共に、この世界の《境界迷宮》がある都市タームウィルズに向かうのだった。広大な迷宮を抱える世界を舞台に、異界の記憶を持つ少年の冒険がいま始まる!
境界迷宮と異界の魔術師(2)(ガルドコミックス)
前世の記憶と、卓越した魔法スキルを持つ貴族の少年・テオドールは、自身に起きた転生の謎に迫るべく《境界迷宮》探索の準備を進めていた。境界都市の学舎に入学したテオだったが、トラブルに巻き込まれ悪徳貴族・モーリスに目をつけられてしまう。因縁をつけてくるモーリス一派の魔手からアシュレイ達を守るべく暗躍をしていた際、獣人の少女・シーラと知り合う。彼女は失踪した友人・イルムヒルトを捜すうちにモーリスに辿りついたのだった。そして、モーリスの悪事に加担する、人外の存在《魔人》が姿を現す――!! 異界の記憶を持つ少年が迷宮に挑む転生×魔法ロングランファンタジー、第2巻!
境界迷宮と異界の魔術師(3)(ガルドコミックス)
魔人・リネットを打倒し境界都市を救った功績が認められテオドールは王城で開かれる宴席に招待された。褒章として竜状ウロボロスをタームウィルズ国王より授かり彼の活躍が世に認められ始めた一方で、第二王女・ローズマリーを巡る騎士団内部の政争に巻き込まれてしまう。そして、新たなメンバーに獣人のシーラとラミアのイルムヒルトを加えたテオドール一行は≪境界迷宮≫のさらなる深部を目指す。だが、既に迷宮には調査名目の騎士団が乗り込んできていて――。魔術師の少年が仲間と共に、深まる迷宮の謎に挑む転生×魔法ロングランファンタジー、第3巻!
境界迷宮と異界の魔術師(4)(ガルドコミックス)
騎士・メルセディア率いる調査隊が窮地に陥っているところを救出したテオドール達は、迷宮からの帰還の護衛を頼まれる。すると、深い森の中で彼らの前に謎の少女が現れ、その導きにより一行は、迷宮に眠る《封印の扉》を発見。思わぬ成果を手にしたテオドール達は、王家への扉発見の報告をメルセディアに託したのだが……騎士・フェルナンドとその一味が手柄の横取りをするため、彼女達に襲い掛かる! さらに、襲撃犯の中に複数の新たなる《魔人》が潜んでいて――!? 陰謀渦巻く境界都市で少年が迷宮に眠る謎に迫る転生×魔法ロングランファンタジー、第4巻!
境界迷宮と異界の魔術師(5)(ガルドコミックス)
異界大使の称号を得たことにより第二王女・ローズマリーに目をつけられたテオドールの元に、突如父・ヘンリーが訪れる。久し振りの父との再会。だが、その行動がテオドールに家督を継がせる為と勘違いした長男・バイロンが乱入してきて――。図らずも実家の相続問題に巻き込まれてしまったテオドールは、家督に執着するバイロンの母・キャスリンの怪しい行動を裏から手引きしていた存在を突きとめる。早速その人物―― 占い師・アナスタジアに会うべく屋敷を訪れたのだが、そこで待ち受けていたのは……。転生×魔法ロングランファンタジー、陰謀渦巻く第5巻!
境界迷宮と異界の魔術師(6)(ガルドコミックス)
マルレーンとアシュレイの護衛役として召喚された高ランクの魔物を加え、戦力増強したテオドール一行は開放時期が迫るという《封印の扉》へと向かっていた。宵闇の森にある扉を抜け、月光神殿の結界を支える《宝珠》へ急ぐ彼らの前に、かつて扉へと誘った少女が再び姿を見せる。だが、《宝珠》の傍らに佇む謎の少女――その正体を探る間もなく、タームウィルズ攻略を目論む魔人・ルセリアージュとギルムナバルが襲来!《宝珠》を巡る戦いの火ぶたが切って落とされる――。転生×魔法ロングランファンタジー、激闘の第6巻!