一番下のコメントへ

ある事情で家に住めなくなった英語教師の雨森はづきが空き地に放置されていた「廃バス」に住み始めるという物語。

家に住めなくなっても特に思い詰める様子もなく、気の赴くままに廃バスに住み始めたはづき
良く言えばミステリアス、悪く言えばただマイペースな彼女が廃バスでおひとりさまの生活を楽しむ様子や、学校での振る舞いをゆるく描いていくコメディ作品です。
その雰囲気だけでも読んでいて楽しいのですが、実はこの廃バスは元々どこかの少年たちの秘密基地だったようで、主人公がその少年のうちの1人とバスの中で遭遇してしまいます。そこから2人がちょっとした秘密を共有する仲となる、そんなドキドキ感も醸し出している作品です。

1巻まで読了

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー