名無し

CAUTION!ネタバレがあります。

もうすぐ100話近いのと話がゴチャゴチャしてきたのでここまでのストーリーをまとめてみたり、
疑問に思った事、不満に思う事、ここ良いなと思った事
物語り編があったから旧作の話をしたい時など!
なんでも話してみませんか。
銀牙を全肯定してる人はここを読むのをオススメしません!

読みたい
1/14ページ
<<
<
1/14ページ
>
>>

シリウスよりも何より熊の戦争が終わったことすら知らないんじゃないか、雲斎と天下が集めた飼い犬が帰る頃に教えてもらったかもしれんが?
そもそもノアだと助郷赤土の宗史が勘違いを広めたせいで治安が悪化してるからなぁ・・・

オリオンを追放した時もウィードは父親というより総大将として接してたし、シリウスの時といいつくづく父親らしくない男だと思うよ。
冷やかしオバさんのクロスより小雪とベラを呼んで家族会議した方が良かったんじゃないかなぁ、意固地なシリウスとオリオンのことだから話は変えられないとしても。
女は口出すなって言いかねないけど家族だし同じ軍の所属なんだよな…

父の背を見て育つって言うがウィードは大事な時期を父と過ごさなかったし、父のことは理想の男、理想の総大将としての姿だけを優しい母に教えてもらうだけだったもんな
ウィードは父親らしさと総大将らしさを同一に考えてるようでなぁ

父親としても偉大かと言われるとな
桜が出産間近な時に仕事優先して仲間に預けて、しばらく経ってから行方不明に気づくような奴だしなぁ

桜も息子の前では奥羽軍や銀に対する弱音も愚痴も吐かず泣きもせず称賛しかしなかったようだし、ウィードは都合の良い事しか考えられなくなってしまったんだろうなぁ

誠は言うこと聞かないからって子供を殴り飛ばすような男だったし今では誠とウィードは似てたなとよく思うよ
実の子供には気に入った時だけ良い顔して甘やかす
自分に反抗するときは塩対応
酷ければ暴力で抑え込むし
ウィードなら組織のトップとして追放命令
銀が仮にウィード達を育てていたら同じことしてたのかな?

父親の機嫌を損ねないように子供達が恐る恐る生活しなければならないのはおかしいんじゃないか
暴力的な父親をモデルに赤カブトだったか法玄が出来上がったという噂を聞くが
精神的にも暴力的な父親はウィードや誠なのではないか

誠が父親の文句言ったらウィードはそれ以上父さんのことを悪く言うなら許さないぞ!ってキレてたしね。
でも法玄の処罰決めるときは自分と意見を違えるなら父さんにも牙を剥くぞって宣戦布告しかけたし、万が一銀がウィードに反対したら父さんは偉大な総大将でも父親でもなかったんだって勝手に悲嘆してキレそう。
銀は放置してた罪悪感なのか息子の言う事やる事にはずっと異論を出さないし、歪んでるな。負の連鎖。

哲心がスミスの真相伝えたら僕の前では涙も見せず仲間達の愚痴も言わなかった母さんが言ってた素晴らしい父さんと仲間達を信じるぞと豪語してた位だ
高潔な聖母のおかげでまっすぐ育ったようで歪んでおる

北海道の出兵は渋って母親の幻覚に正当化してもらう程に熱愛してたのに今じゃ全然気にする素振りもないよなウィード、ノアでは名前出したのも一回だけか?
鉱山で小雪との馴れ初め話す流れになってたがその後奥羽に帰る流れで小雪と娘を迎えに行こうって話にならなかったのか。
渋ったせいで軍の熟練戦士が結構死んだのがよっぽど堪えて反省したのか、名付け親のGBにマザコンだと直接指摘されて改めようとしたのか。
恋に溺れただけで愛がない男だよねぇ、責任感もない。

大人になって欲しいという親心から赤目と一緒にオリオンを総大将に就任させたような男だぞ
総大将としても責任感ないだろ
肝心なときに怪我で現場を離脱して戻ってきたら何も理解してないのに責任者面するだけの男だし

オリオンも総大将としての努めを何ヶ月も放棄してたんだし無責任の血なのかもしれないが、精神的にマイッてる時期に総大将の座を押し付けたウィードも仲間も無責任じゃないの。

小雪と駆け落ちする段階で総大将の勤めか女か選んだ方が良かったんだよ
それか両立する覚悟を問い直してほしかった
総大将も夫父親も両立できてないんだから
それを見抜けなかった銀達ロートル組の目が節穴ってのもあるが
個人が幸せであればじゃないんだよな

奥羽軍の正義の輪を乱すからウィード達は対処が面倒だったんだろうけどお前は間違ってるいいや俺のほうが正当性があるってオリオンとシリウスが言い争いしてたの健全だったかもな、議論ですらない人格否定攻撃と罵詈雑言の嵐だったから不健全だろうけど。
思えばなんの疑問も湧かず湧いたら封殺されるような組織って平和だけど怖いよな。
別の形でも正義なんだしいざってときは奥羽軍抜け出して活動すればいいんだろうけど奥羽軍から脱退することって今の奥羽軍では敵になる事を意味してそう。
なにがあっても敵を殺してたらすぐ不殺にしろとか言ってきてむしろ助けた側が咎められそう。

熊犬やマタギ犬という言葉を知らない人も、熊と戦う銀という犬の名はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。銀は巨大な熊と戦い犬たちの熱いドラマを描いた名作『銀牙 -流れ星 銀-』の主人公。動物漫画

原点
これが話されてたのはノア連載中だった
例えからしてノアで友情努力勝利かそれらに近い原点に戻るのかと思ってたが
友情努力勝利とは遠そうなドッグデイズで原点に戻るってことかな

キャラに売国奴って言わせんなよ
自分が言いたかっただけだろ
敵に屈したら売国奴って戦時中かなんかと勘違いしてんのか?平和な今に某国が攻めてくるぞ!ってデモ行進して騒ぐ老人達の縮図か?

最弱に見えるボスと幹部 赤蟻三天王
立派そうな役職名なのに一ノ王とか使われるの最初だけであとは全然出てこなかったね
体格は恵まれてるのに他のボスより弱く見える
部下も忠誠心が無かった

活躍全くさせずに空気化させるか他人の出番を奪って己だけ活躍させるかって極端だったな
世代交代のために死なせると文句出るからって存在ごとひっそりと消すか全く活躍させないけど看板のために生かせ続けるってもうおかしい

これを読んだ人の中では新しいSFへの挑戦作だとか新しいSFだと手を叩く人がいるかもしれないが
SFにしては敵の設定も上位存在もバラバラだし解決法すら最終回近くまで考えてない
その解決法も敵の設定を考えると合わない
地球侵略しに来たのに海水に弱いってなんなんだ
王道の友情や努力による勝利ですらない

雲斎もノアも諸行無常の説法といてたけどノアは作者の思想の代弁者なのかってくらい宗教思想が臭かったな
あまり関わってないキャラでさえもあの方は徳が高いと否定することなく盲信するあたり
こわい

赤カブトの血を引くものとして変異しそうな子熊のことも、前作からの疑問をこうして無理やり無かったことにさせたのはとても残念だ
子熊を疎んで嫌ってたボブが突然友人として態度を変えたのも無理があるよ、大事な所は描かないんじゃなくて話変えたくて描いてないだけ?だとしたらそれはどうなんだ

初代銀牙を読んで育ち、あのかっこよさにしびれていたので、大人になってから続編のウィードが連載された時は本当に嬉しかった
狼編も個人的には好きだったからなかったことにされてたのは残念だったけど、それでも銀牙の続きってだけで嬉しかった

それがこうなってしまうとは…
設定の矛盾、投げっぱなしの展開、キャラの浅さに絶望しかない。
今は、頼むから私が好きだった銀牙を改変しないでくれ、もうこれ以上失望させないでくれとしか思えなくなった。

妊娠中の妻よりも外回りの仕事優先な銀も追加で
おまけに本部の組織も部下が勝手に指揮してるし総大将としては偉大だとしても家族としてはだめだめ
あれくらいしないと聞かなそうなのもあるがオリオンが言うこと聞かなそうだと崖から落とすぞって脅したのもあったし祖父としての態度でもきつい

1/14ページ
<<
<
1/14ページ
>
>>
ぎんがでんせつのあ
銀牙伝説ノア 1巻
銀牙伝説ノア 2巻
銀牙伝説ノア 3巻
銀牙伝説ノア 4巻
銀牙伝説ノア 5巻
銀牙伝説ノア 6巻
銀牙伝説ノア 7巻
銀牙伝説ノア 8巻
銀牙伝説ノア 9巻
銀牙伝説ノア 10巻
銀牙伝説ノア 11巻
銀牙伝説ノア 12巻
銀牙伝説ノア 13巻
銀牙伝説ノア 14巻
銀牙伝説ノア 15巻
銀牙伝説ノア 16巻
銀牙伝説ノア 17巻
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
OL -Office Love-

OL -Office Love-

OLイラストが話題になりそして自他ともに認めるOL好きイラストレーターであるどうしま先生が監修を務めるOLオムニバスイラスト集になっております。イラストレーター41名が贈る、日常の中の憧れが詰まったシチュエーションイラスト作品集になっております。また、各イラストレーターによるキャラクターの社員証風イラストも収録しております。
FANG

FANG

地上に唯一残された白狼の遺伝子を持つ狼犬・アスカリ。その無二の遺伝子が、強欲に駆られた巨悪たちを呼び寄せる。手段を選ばぬ魔の手に対峙するアスカリの運命は…!? 原作・城アラキ、作画・高橋よしひろの強力タッグが紡ぐサバイバル・ドッグアクション!
~銀牙少年伝説~ドッグデイズーロクとボクの一番熱かった日々ー

~銀牙少年伝説~ドッグデイズーロクとボクの一番熱かった日々ー

時は昭和35年、雪深い奥羽の山村で、その年小学校に入学するボク=オットは、大自然と動物たち、家族に囲まれ、貧しいながらも豊穣な日々を夢中になって生きていた。自らは働かず家族を怒鳴ってばかりの父親と、慈悲深い母、父の暴威を共に受けとめる兄弟たち、末っ子のオットは翻弄されながらも小さな冒険に挑み続ける…。著者・高橋よしひろの追憶が織りなす「昭和奥羽少年物語」、その第1巻が待望の単行本化! 銀牙シリーズの原風景がここにある!!
伝説保存ノ書 銀牙四代

伝説保存ノ書 銀牙四代

「銀牙‐流れ星 銀‐」「銀牙伝説WEED」「銀牙伝説WEEDオリオン」そして「銀牙伝説リキ」。最強の熊犬一族の歴史を一冊にまとめた豪華保存版。 あの名場面が美麗な印刷で読める名話再録、特製カラーピンナップ、キャラクター図鑑、銀牙史年表などなど、銀牙の世界を楽しむコンテンツ満載。 この一冊で銀牙伝説の全てがわかる!!
試し読み
杏樹と次郎丸

杏樹と次郎丸

銀の血を継ぐ者――名熊犬・リキの孫であり、銀の姪、ウィードのいとこにあたる、牝犬「ユキ」は、奥羽山脈の片隅で老マタギ・沢村義人に熊犬として仕え、有能ぶりを発揮していた。義人には4人の子供が居たが、長男一家が不遇の交通事故に遭い、ひとり遺された幼い杏樹が、引き取られた次男一家で非道い仕打ちを受けているのを見るに見かね、杏樹を自らの元へ力尽くで連れて来る。義人の山小屋には4匹の仔犬たちもいた。上から、太郎丸・次郎丸・三郎丸・コユキ。優しいジジ(義人)と、5匹の犬たちに囲まれ、杏樹の平和で幸せな日々はいつまでも続くものと思われた……しかし、その夢がもろくも暗転する! 義人が抱えている秘密も謎のままに……! 流転する運命の奔流に呑まれる少女とそれを支える愛犬・次郎丸の献身。強い絆で結ばれた二人が希望へ向かって走り続ける、愛と感動のストーリー!!
ぼくの犬僕のウィード

ぼくの犬僕のウィード

「銀牙伝説ウィード」の著者・高橋よしひろが、愛犬家に贈るコミック&エッセイ!! 本書には著者自身がかつて飼っていた狼犬への“愛幸の心”、現在飼っている愛犬への“愛育の情”、連載作品「銀牙伝説ウィード」の主人公・ウィードに対する“愛着の念”が満ち溢れています。“犬は人間の最良の友”であり、“犬は絶対に裏切らない親友”であるという著者のメッセージが、随所にいきいきと描かれている絵本・漫画・画集・エッセイで綴る犬と人間の友愛の著です。
銀牙伝説ウィード名勝負列伝

銀牙伝説ウィード名勝負列伝

「銀牙伝説ウィード」で繰り広げられるウィードとの様々な戦闘に関して、勝負に至るきかっけから勝敗まで“見どころ”“解説”“裁き”“勝者”の4構成で分かりやすく解説されています! また“GBから一言”が登場犬紹介を更に面白くしてくれる「キャラクター紹介」が同時収録されています!!
【超!合本シリーズ】男の旅立ち

【超!合本シリーズ】男の旅立ち

ずば抜けた運動神経を持ち、スポーツとケンカにかけては天才的な兄の渡洋一、7か国語を操る頭脳明晰な弟の渡真二。2人は近隣では知らぬ者のいない有名な兄弟だった。父親の提案で、夏休みに東南アジア一周の冒険旅行に行くことになり、洋一と真二は、両親やペットの動物たちと共にヨットで出航。航海は順調に進むが…!? 現地で出会った少年やペットの動物たちと共に、数々の困難を乗り越えていく。雄大な大自然を舞台にした冒険アクション。 ※「男の旅立ち」単巻版1~3巻を収録しています。
BEASTARS

BEASTARS

肉食獣と草食獣が共存する世界。そこには、希望も恋も不安もいっぱいあるんだ。チェリートン学園の演劇部員レゴシは、狼なのにとっても繊細。そんな彼が多くの動物たちと青春していく動物群像劇が始まる!!
ダーウィン事変

ダーウィン事変

テロ組織「動物解放同盟(ALA)」が生物科学研究所を襲撃した際、妊娠しているメスのチンパンジーが保護された。彼女から生まれたのは、半分ヒトで半分チンパンジーの「ヒューマンジー」チャーリーだった。チャーリーは人間の両親のもとで15年育てられ、高校に入学することに。そこでチャーリーは、頭脳明晰だが「陰キャ」と揶揄されるルーシーと出会う。「テロ」「炎上」「差別」……ヒトが抱える問題に、「ヒト以外」のチャーリーが、ルーシーとともに向き合うヒューマン&ノン・ヒューマンドラマ。作品集『パンティストッキングのような空の下』が「このマンガがすごい!」2017(宝島社)のオトコ編第4位にランクインし、話題になった漫画家・うめざわしゅんによる連載作品、開幕!
銀牙―流れ星 銀―

銀牙―流れ星 銀―

大輔の家に子犬が誕生した。猟師の間で貴重視される虎毛の秋田犬・銀である。猟師である五兵衛の熊犬・リキは、殺人熊・赤カブトと戦い谷底へ転落、消息を絶った。復讐を誓った五兵衛は、生まれて1ヵ月もたたない銀に厳しい訓練をつけ、熊犬として鍛えあげていく。
とりぱん

とりぱん

少し変わってて、少しクールで、割と背が高い、北の町に住んでるイトコからの手紙――そんなような漫画です。東北の某ベッドタウン在住の作者(30代・独身・女)が、野鳥、ネコ、風物、方言、地元料理など“日常”のすべてをネタに綴る「身の丈ワイルドライフ」。読む者の自然観をへにゃりと揺るがすモーニングの人気連載作。かわぐちかいじ・さだやす圭、両審査員が激賞した第17回MANGAOPEN大賞作品も完全収録!
ヤニねこ

ヤニねこ

Twitterでなんか結構バズッてる、ヤニ吸うねこのマンガ。マナーやモラルなんて関係ねえ!クズねこの送るヤニまみれでお下品な日常をご覧ください。一応、妹とか普通にかわいいキャラもでてくるから! 単行本でしか見れない貴重な喫煙シーンとかたぶん描くんで、予約してくれたらありがてーにゃ(笑)
ウォーキング・キャット

ウォーキング・キャット

新しすぎる、「終末×猫」マンガ!! 生ける屍が徘徊し始め、ぼくらの世界は終わりを迎えた―― と思いきや、変わらないまま生きているヤツらもいる。そう、猫!! ひょんなことから、白猫・ユキを助けた男・八尋ジン。1人と1匹の旅は、どこへ向かっていくのか―…? 大事なことは、猫が教えてくれる。
銀牙~THE LAST WARS~

銀牙~THE LAST WARS~

この闘いは、宿命なのか―――。犬たちの楽園、二子峠に再び襲いかかった怨敵〈赤カブト〉の血!! 犬社会全体を揺るがす未曾有の危機を前に、銀・ウィード・そしてオリオン達兄弟は……!? 野犬 VS 巨熊、空前絶後のスケールで展開するシリーズ金字塔!!「銀牙」の歴史が今、ここに極まる!!
呪術廻戦

呪術廻戦

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?
SPY×FAMILY

SPY×FAMILY

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!
葬送のフリーレン

葬送のフリーレン

魔王を倒した勇者一行の後日譚ファンタジー 魔王を倒した勇者一行の“その後”。魔法使いフリーレンはエルフであり、他の3人と違う部分があります。彼女が“後”の世界で生きること、感じることとは―― 残った者たちが紡ぐ、葬送と祈りとは―― 物語は“冒険の終わり”から始まる。英雄たちの“生き様”を物語る、後日譚(アフター)ファンタジー!
ブルーロック

ブルーロック

2018年、W杯、日本代表ベスト16敗退…。これを受け日本フットボール連合は、W杯優勝のため、300人の高校生を集めた育成寮“青い監獄(ブルーロック)”を設立。コーチを務める男・絵心甚八は、日本に必要なのは「エゴイズムにあふれるストライカーだ」と断言。無名のFW・潔 世一たちは、己をエゴイストに変える蹴落とし合いの選別に挑む!
東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ

【講談社販売部驚愕!空前の重版!】実写映画化で話題!『新宿スワン』作者の和久井健が贈る、最新巨編!!ダメフリーター花垣武道は、ある日ニュースを見ていると、最凶最悪の悪党連合”東京卍會”に、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人が殺されたことを知る。壁の薄いボロアパートに住み、レンタルショップでバイトしながら6歳年下の店長にこき使われる日々。人生のピークは確実に彼女がいた中学時代だけだった……。そんなどん底人生まっただ中のある日、突如12年前へタイムリープ!!恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始する!!【各方面から称賛の声!!】2017年の新連載で1番売れたサスペンス漫画!&2017年の新連載で1番売れたタイムリープ漫画!!LINEマンガ総合ランキング1位獲得!!ホリエモンが選ぶ今読むべき漫画11選ノミネート!!鈴木達央 VS. 島崎信長!? 一人三役で熱い掛け合いをした最新PVがYoutubeで公開中!!「鈴木達央 島崎信長 東卍」で検索!!
Dr.STONE

Dr.STONE

【デジタル版限定!巻末に描き下ろし特典イラスト付き!】一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後――。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 空前絶後のSFサバイバル冒険譚、開幕!!
ここまでの展開と疑問点不満点などを話しましょうにコメントする