リアル飯からファンタジーを紡ぐ #読切応援

一番下のコメントへ

粉もんロード粉もんロード』でクマリネクマリネ先生が見せてくれたのは、シビアな現実に潜む胸踊る冒険譚でした。

危険で厳しい現実世界。でもそこには優しい人と美味しい飯がある。それで元気になるし、冒険できる。

お持ち帰りですか!?お持ち帰りですか!?』では、心を持て余した元戦場カメラマンが描かれる。女を取っ替え引っ替えする下衆な男。彼に複雑な思いを抱く編集者は、美味い飯を提供して彼に活力を与える。

二人のやっていることは芸能スクープ取り。どこまでも下衆だ。でも好きな飯を語る男、そして俊敏さを取り戻す男は魅力的だ。

飯を食うことは、大してお綺麗な事でもない事が語られる。綺麗事でない、生きている実感。飯をがっつく、味わう充実感。それだけのことで、バディはどこまでも輝ける。実際にあるお店の美味しい飯から、バディの下衆だけれど一級のファンタジーが生まれる。

いつか連載希望です!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー