ママ友がこわい」に続き、本作も読了。

書影をみていただければと思いますが、絵柄がふわっとしているのに、内容がリアルでエグいので中毒性があり思わず作家縛りしました。

タイトルどおり、ある日を境に妻が口を聞いてくれなくなった夫の話。
しかも、通算6年。
そう、数日とかではない。6年なのがポイント。

もちろん、ちょっとした挨拶や返事くらいはするので完全に口を聞かないとかではないが、それでも会話らしい会話がないまま6年がすぎる。

ヤバくないっすか。
自分だったら耐えきれず発狂するかも…と最初は思ったのですが、読んでいて、たしかに、子供がいて子供と会話する、ないしは子供を通して会話をするとかであれば、こういう家庭も案外ありうるのかもと納得してしまいました。

最初は夫側の目線で、妻が口を聞かなくなった状況を描き、
後半は妻側から、この背景を描いていく展開が、
謎解きをしていくミステリーのようでひきこまれます。

すべてに理由があるんですよね。

何気なく発した言葉でも相手を傷つけていたり、他人より近い夫婦だからより一層許せないことだったり、身に覚えがある分、思わず共感してしまいました。

自分自身、我がふりを考えるよいきっかけになりました。

夫婦生活がうまくいっている人も、そうでない人も、見直すきっかけになると思いますので、是非最後まで読んで欲しい。
最後のオチに、自分はざわつきました。

ちょっとしたホラーですにコメントする
『妻が口をきいてくれません』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる
また読みたい
フォロー