サスペンスに満ちた短編集

一番下のコメントへ

表題の『サスピションサスピション』シリーズ3作を中心にサスペンス色たっぷりの短編集です。3作はどれも20p前後と短いながらも人の心の行き違いが生む皮肉な結末がスリリングに描かれるのが特徴です。

ロボットを使った完全犯罪を目論む「ハエたたき」、山奥に住む男住む男と金貸しとの命の駆け引きを描いた「峠の二人」など、人の猜疑心や臆病な心が思わぬ結末に向かっていくのが読んでいてハラハラします。

なかでも自分の一番のお気に入りはカバーイラストにも採用されている第3話「P4の死角」でした。
P4レベルという最高度セキュリティの研究所で行われる遺伝子実験中、作業員が誤って実験用のDNAを体に注入してしまうところが物語の始まり。隔離措置を取られ、防護服を着た研究員に囲まれるようすは臨場感があります。
このリアルリアルな描写が後半効いてくるのでじっくり味わってほしいですね。

彼の体は一体どうなってしまったのか…というところが物語のキモなのですが、コンパクトに纏まっているのでなにか説明すると面白さが半減してしまうもどかしさが…。
とにかく読んでみてほしいです。手塚治虫手塚治虫の物語の構成力、人の心情の描写力が高密度で味わえます。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー