多彩で多様で多幸な短編集 #1巻応援

一番下のコメントへ

女の子のあたまにツノが生えてる漫画を、ツイッターで見かけてそこから二階堂さんの名前を知りました。
そのツノの漫画が最初に載っていて、本になって改めて読んで、やっぱり素晴らしい…。

そしてそのあとに続いて掲載されている作品の、多彩なこと。
全体的に多幸感のある話が多いですが、なんて呼べばいいのかわからない感情が生まれてくるような話もあり、いままで二階堂さんのことを勝手に「ツノの漫画の人(もしくはタヌキ)」という認識でいたのが、それはほんのほんのほんの一部でしかなかったんだなとひしひしと感じました。
とくに、この短編集のタイトルの由来になってると思われるセリフが出てくる最後の短編「恋のスイングバイ」。とあるカップルが卒業旅行にドイツへ行くという話が好きです。2人の間にある愛をいちばん強く感じた。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー