メジューサやギガゾンビやニムゲが本気で怖かったあの頃

一番下のコメントへ

ドラえもん(てんとう虫コミックス)ドラえもん』の単行本セットを一式、幼馴染みの御母堂からいただいたことでマンガ人生が始まった私ですが、その中には『大長編ドラえもん大長編ドラえもん』の単行本もありました。

そこからコロコロコミックでのリアルリアルタイム連載を追っていた作品もありますが、『大長編ドラえもん』シリーズも本当に思い入れの深い作品です。

不思議と今でも特に強く思い出せるのは、各作品から与えられた「恐怖」の感情です。

『小宇宙戦争宇宙戦争』での、『1984』のパロディである将軍の肖像の監視装置。
大長編ドラえもん魔界大冒険』で、タイムマシンで航行する亜空間の中すら追ってきて石にするメジューサ。
大長編ドラえもん海底鬼岩城』で海底の家を大王大王イカに攻撃される時。
大長編ドラえもん鉄人兵団』で地球を滅亡させてくる悪のロボットたちが、鏡の世界に気付いてこちらの世界に侵攻してくる時。
大長編ドラえもんパラレル西遊記』でおかしくなってしまった世界や人々。
『日本誕生』で割れても自動再生して襲ってくる土偶やギガゾンビ。
大長編ドラえもんアニマル惑星』に登場する得体の知れないニムゲや禁断の森。

今思うと何でそこまで、と思うのですがそれらすべてが心から恐ろしかったです。それらを経て日常日常の『ドラえもん』に帰った時の安心感は、非常に強いものでした。

しかしながら、ただ怖かっただけではなく怖さもありながら純粋に質の高いエンターテインメントとして楽しんでいたのも確かです。

描く題材が尽きないのかなと子供心に心配になったくらいにありとあらゆる場所へ冒険し、仲間と共に助け合いながら困難を乗り越えていくドラえもんとのび太たち。

『大魔境』のラストの展開などは子供心に大変興奮しました。『竜の騎士』でスネ夫が珍しく単独で見せ場を作る構成も好きでした。『大長編ドラえもんワンニャン時空伝』で一旦幕が閉じられた時は寂しさを覚えました。

『ドラえもん』があるから日本人はSFを難しいものではなく身近なものとして楽しめるという言説がありますが、私は『ドラえもん』によって物語の楽しみ方を沢山教わったと思います。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー