戦場で設計士の役割って何だろう?
機能的で、短時間で建てられて、相手に見破られない様々な工夫があって、・・・。
そんな、かなり高度な建物の設計図面を描き、建築できるように指示することかなぁ。
複雑すぎると、いざという時に機能しないし、建築にも時間がかかる!
それも、4千年前・・・って。
今のような、CADも無いし、当時の設計士には、とてつもない才能が備わっていなければならない、選ばれし人の職業だったに違いない。
日本のお城も設計は、大変だったんだろうなぁ~としみじみ思う。

上巻では、まだまだ導入部分。
今後の展開が気になる。
早く下巻が読みたい!!

4千年前の設計士って、凄いと思う!にコメントする
『バベルの設計士』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ