一番下のコメントへ

事実、将棋マンガに比べて囲碁マンガは本当に少ないんですよねえ。

このマンガは「ヒカルの碁」の様に棋士の戦いを描いたものではなく、
碁会所に集まる囲碁好きたちのハートウォーミングな話が中心です。

さくらのお祖父さん曰く、
囲碁とは「相手の言葉を聞き取とり自分の言葉を放つ 心が行き交うゲームじゃ」というセリフが印象的でした。

コメントする

このクチコミも読まれています

四条再建編がむちゃくちゃ面白い
マンガトリツカレ男
マンガトリツカレ男
11ヶ月前
花板虹子は全部読んだのだが、このバージョンには単行本未収録の95話分が入っているということでまた最初から全部読んだ。 前半もいいがやはり後半の四条再建編がいい。料理漫画のテンプレートのような食材の仕入れを邪魔する嫌がらせから、料亭ならではの接客/配膳を仲居さんの派遣を邪魔する、主人公の店の料理人を金属バットでボコボコ殴る、色仕掛けを仕掛けて借金を背負わせる、出店するデパートの管理者を脅迫して主人公の店の鍵を開けさせて米を交換するなどいろんなパターンがある。 特にすごいのはライバル店が主人公の店の無料食事券を勝手に作成して配って、揉め事を起こして評判を落とそうという作戦まであった 色々料理漫画を見てきたがここまでやる料理漫画ってのは初めて見た。
花板虹子【合冊版】
脱サラしてマグロ漁船の乗組員になる話
user_private
名無し
1年以上前
NOといえない人の良い性格もあり、会社での理不尽な扱いを受けたり、失恋を経て父親と同じマグロ漁船の乗組員になるため脱サラするところから始まります。 乗組員になったあとも、船上という逃げ場がない場所で1年、いろんな荒波にもまれ厳しい現実に打ちのめされそうになりながらも一人前の海の男として大きく成長する様子が描かれます。日本で待つ家族になにがあっても帰りたいときに帰れないというのは漁師という仕事の悲しいところだなと思いました。いずれにしても冷静な判断ができる強いメンタルと、相当な覚悟がないと出来ない仕事です。
フィッシャーマン 海人丸
また読みたい
フォロー