戦闘機ものの雄『0戦はやと』

一番下のコメントへ

紫電改のタカ紫電改のタカ」をはじめ少年誌の創世記には太平洋戦争のいわゆる“撃墜王”ものが人気であり、本作『0戦はやと0戦はやと』もそのブームを築いた作品です。
嫌味で無能な上官、ニヒルな同基地のライバル、死神的存在の米軍エースパイロット(事情あり)このあたりはテンプレ、終盤は特攻も考慮に入れなければならないなど現実の日本軍同様に追い込まれていきます。
ライバル“一色”、米軍エース“キング666~サタン~サタン”の退場と終盤の物語の結末は物語の結末はかなり駆け足でまとめられています。
これは他の空戦ものと同様で世論の反戦の波に飲み込まれた形と言っていいでしょう。
主人公の死をもって物語は結末を迎えないため、まだ救いのある作品に感じることができるはずです。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー