超難関なことで知られる「司法試験」。人によっては何年もかけて合格を目指す国家試験ですが、試験を突破したその先にある1年間の修習を描く新連載です。
司法試験に受かったからと言って自動的に「法律家」になれるわけではないんですね。修習では、志望先に関わらず裁判官・弁護士・検察官の実務修習があるそうなのですが、びっくりしたのがこの修習を受けてから志望職業を決める人がいるということ。
まさにこのマンガの主人公・筒松くんがそれです。真面目でアツい彼は、はじめての「取り調べ」でも、何事も決めつけずに慎重なところが好印象。
キャラクターが突飛じゃなくても面白い漫画は好きなので今後が楽しみです。

取り調べした万引常習者のひと、素人目に見ても痴呆とかなにか疾患があるんじゃないかという疑いは持ちそうだけど…どうなんだ。

修習生たちが集まって性犯罪の刑罰の軽さを議論するのは良いことだ
しかし盗撮が「しょうもない事件」と考えてしまう人に法律家になってほしくはないですね…
筒松くんや清水さんみたいにはっきりと「性犯罪」だと言い切ったうえで、再犯防止のために何が出来るか真剣に悩んでる人を応援したい。

前回のめっちゃエッチな佐藤検事が嘘のようにいつもどおりの厳しい佐藤検事へ

痴漢被疑者のおっさんマジでどっちなんだろう

放火編スタート
被疑者は顔の良い好青年の大学生秋山。
冤罪にしちゃ堂々と自首しすぎてるしバイクの持ち主とグルとかか?

伊部も最初は秋山の女装のこと約束を守って黙ってたし本当はいい友達だったんだろうな。
まあそれをネタに強請って身代わりにしたんだから全てパーなんだけど…

最後に父親が親権取れてよかった

本当に修習だけ描いて終わった「修習マンガ」だったな
弁護士と検察だけじゃなくて、できれば最後の裁判官の修習まで見たかった

法律家の卵・司法修習生を描く新連載にコメントする
『リーガルエッグ』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミをもっとみる