一番下のコメントへ

誰にも媚びず、従わず、どんなに権力を持った相手でも気に入らなければ躊躇なくぶん殴るという主人公の唐沢の生き方は男なら誰もが憧れる理想の生き方だと思います。
しかし、そんな自由な生き方を出来ている人は現実にはほとんどいないでしょう。
作中の唐沢もその無謀な生き方のせいで、日本最大の広域暴力団や警察署長、香港闇社会のドンと次々強大な敵とぶつかることになります。
何度も絶体絶命に追い込まれながらも人並み外れた頭脳、腕力、胆力で強大な敵を次々と撃破していくストーリーは爽快感満載です。
そして最初は敵だった人物達もやがて唐沢の魅力に惹かれ、ついていくようになります。
リアリティのあるヤクザ漫画でありながら、そのような少年漫画のような友情要素があるというギャップも面白い作品だと思います。

男なら誰もが憧れる生き方にコメントする
『HEAT-灼熱-』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

このクチコミも読まれています

超楽しみな新連載が始まりました…!!!! どの読切もいつもめちゃくちゃ好きだった安彦晴先生がついに連載です!これからどうなっていくか楽しみでしょうがない! クラスの半分もいたイケメンが停学になった日にちょうど、美少女のような転校生が「男子校」にやってきて残りの陰キャたちがザワつく! が、陰キャゆえに!動かない!!動けない!! イケメン陽キャたちは二週間後には停学が終わり、登校し始めてしまう! この二週間はどうなるのか!? とりあえず、1日目は……何も起きず!!! なんだこれ!深美森羅(しんら)の正体も目的も1話目に分かるし、問題は陰キャたちですよ!! それぞれに自分こそが!と心に秘めているもののそれを表に出せるのか!? 声を掛けられるのか? 安彦晴先生は以前からもにょもにょした男子たちを描くのがめちゃくちゃ上手かった半面、女子をかわいく描くのも上手いので、嬉しいです! 『五月に隕石、六月には京都』も芋男子3人組と女子3人組の違う視点から違う事実が浮かび上がってきてよかったですよね~ https://twitter.com/haruabiko/status/1186732590595600384?s=20 『塾での平田』も陰キャの違う側面が垣間見れてしびれました! https://twitter.com/haruabiko/status/1258605099552657408?s=20 『狛犬送り』も超かわいくってもう最高だった~ https://twitter.com/haruabiko/status/1393158855937253379?s=20
ザ・シンデレラボーイズ
また読みたい
フォロー