ネタバレクイズ少年が死神のサイコロを振るう・・・ !!

一番下のコメントへ

「ま〜たデスゲームと死神かよ」と思いつつ読んだら、意外性があって面白かった!主人公はクイズ好きなんだけど好きなんだけど、回想から「クイズは強いけど、学力は高くない」ことがわかるのが面白い(ナナマル サンバツナナマル サンバツで学んだ通り、クイズの知識量と学力の高さは必ずしも相関しません)。

家族の命を天秤にかけた究極の選択を迫られても、自分の「答えを知りたい」という欲望に従い迷わず妹の命を助ける選択をしたところがすごく良かった!

早くも主人公と同じように「なぜ15歳の中学生があんな死神を封印できたのか・どうやったのか」が気になってしかたないので、いい1話だったなと思います。

他にも死神が出てくるみたいなので、DEATH NOTE モノクロ版デスノートや金色のガッシュベルと比べて、話がどんな風に展開するのかすごく楽しみです。


(『死神サイ殺ゲーム死神サイ殺ゲーム大前貴史大前貴史/門馬司門馬司)

【あらすじ】関東有数の進学校に通う(地方出身らしい)クイズ好きの高校3年生・神沢正心は、「何でも答えが知りたい」という人一倍強い欲求があり、東大のクイズ研究会に入ってクイズ王になるという夢を持っている。祖母の家から高速を使って帰る途中、父が急病に襲われ、車が中央分離帯に衝突する。自分はとっさの判断で助かったものの、父も妹も意識不明の重体となってしまう。

自宅に戻り久しぶりに入った妹の部屋で、正心は日付が書かれたテープでぐるぐる巻きにされている、怪しげな立方体を見つける。

答えが知りたい衝動に突き動かされテープを切ると、死神・バッチが現れ「お前の願いを叶えてやる」と言い、3人の命をかけた究極の選択を迫られる…。

【第1話】

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー

banner