とにかくピューリッツァ賞を読んでくれ

いつだったか、石黒正数石黒正数先生の読切か何かを読みたいがために買ったコミックリュウに、本書に収録されている「ピューリッツァ賞」が載っていました。

それが自分と西村ツチカ西村ツチカ作品との出会いだったのですが、読んだときは例えるならば、脳天に雷が落ちて全身を電気が走り、白目をむいて痙攣したほどです。「これを描いたのは一体どこのどいつだ!!西村ツチカ?誰だ西村ツチカって〜〜〜ッッ!!!!あばばばば…」

大げさに言えば、そんな感じでした。

こうして短編集になってしまえば、ピューリッツァ賞だけが特別面白いわけではなく、あ〜全部面白いんだな〜ということがわかるんですが、その時の衝撃がどれほど強かったかは今でも忘れられません。

余談すぎる余談ですが、この短編集だけを読んだ時点では西村ツチカ氏は女性なのかな、と想像する人が多いはずです。
しかし、コミティアでご本人にお会いした際にとても驚いたことを記しておきます。(同人誌即売会あるあるですけどね。)

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー