ポップでキュートでコミカルな童貞3人組!

毎日昼休みに校庭に出てバレーボールで遊ぶ日常日常系四コママンガのように和やかな女子高生3人組、を見る野暮ったいクラスの端っこにいるような3人組がこの話の主人公。
漫研でもないのに生身の女子3人組の二次創作漫画をそれぞれノートに描いてきては交換するというキモ日課を送っていた。
彼女らのことはずっと見守るだけでいい、と距離を取っているが、その中の一人今井君は違う感情を抱いていた。それは・・・。

めちゃくちゃいい!
まずページをめくってパッと目に入ったときの絵の印象が最高で、キャラのデフォルメ具合がたまらなくて見やすい。
イケてない彼らでさえとってもキュートだ。
キュートな絵柄なのに、女の子の描写はたまにエロくも見える色気がある。
団子っ鼻でメガネで白目でニヒルな女の子もいい味出してる。

これでいいのかと自問自答し大いなるはじめの一歩一歩を踏み出す今井くんが素晴らしい。
いつまでもそのままずっと、ぬるま湯ぬるま湯に見える薄めの硫酸風呂に入り続けることもできたのに。
「眺めるだけで本当にいいんですか!?」「小さな決断があとあと効いてくるんです!!」は自分たち自身に問いかけ続け毎日小さい後悔を積み重ね続けた言葉だろう。
沁みる。
最終的にもなんだかポップでかわいらしい結末が待っている。
ここで、なるほどそうだったのかと腑に落ちる。
そしてもう一度読み返すと、あーほんとだ、と。
とても好きな読切だった。

コンプレックスやダークサイドの描き方も傷心も全部ポップ!
全くエグくならず、コミカルで楽しい読み味が続く。
自分の中で早く連載を読みたい作家さんの一人になった。

コメントする
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー

store