一番下のコメントへ

 タイトルの「978-4」とは、書籍や雑誌コミックについている13桁のISBNコードの、共通するアタマ4桁の数字のことでしょう。出版や書店関係者にはわかる数字w

 タイトルが示す通り本屋さんの話ではありますが、普通の本屋さんではありません。神社の敷地内にあり、神様の不思議な力で不思議なことがたびたび起こります。
 本に詳しく書店でバイトを始めたがスピリチュアルは一切信じていない少年が、神社と神さまを愛する本好きな少女と神社で出会い、さまざまな「本」と「不思議」を通じて交流する本屋de青春ストーリーです。ラヴに発展していくのか、神話にまつわる壮大なファンタジーに発展していくのか、今後の展開が楽しみです。

いよいよ明日1巻発売ですね!

Twitterでヤマモトマナブ先生がポストカードサイズのPOPを配布しているのですが、これはぜひ出力して家に飾って本屋さん気分を味わってみたいです(笑)

コメントする

次のクチコミ

このクチコミも読まれています

不老不死7人兄弟のアクションコメディ!!
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
2ヶ月前
ヤングキングアワーズの新連載! 『踊る千年家族』のタイトルからも漂ってくる不老不死感! まさにそんな内容で、描かれるのはイギリス出身の不老不死7人兄妹! まずは、妹の一人がさらわれ研究所で解剖・実験されるのを兄弟たちで100年ぶりに集結し救いにいくが…。 内容的にシリアスな方面にもいくかと思いきや、アクションコメディなので軽快なテンポで読めて楽しいです! 身バレして芋づる式に捕まって実験されないように100年も会わないようにしていた彼らがここから共同生活していくようになるのもなんだかいいんですよね。 1000年も生きてるような人だったら悟って仙人っぽくなってるのかなと思ったらみんな俗っぽくていいんですよね。 数か月監禁・拘束・拷問・人体実験されて救われた時の一言目が「コミケ」だったり。 不死身の身体が再生するところは自分で体のパーツ集めたりしててやはりコメディ感あって読み味軽くて好きです! これからいろんな組織に追われていくのか、救出に現れなかった兄弟はどうしているのか、楽しみです!!
踊る千年家族
完結…!
user_private
名無し
2ヶ月前
完結してしまった〜! 面白い設定だったので毎巻楽しみにしてました。 バトルアクションあり、濃厚でないのにドキドキする接触シーンありで 面白く読めました。 若干打ち切りな感じだったんでしょうか… 終わり方はバッツリという感じでしたがどのペアも「一緒にいよう」的なエンドでよかったです!! 自作に期待して待ちます!
夜明け前に死ぬ
また読みたい
フォロー