「弱視」を描く上でのバランス感覚が素晴らしい

一番下のコメントへ

一見重くなりそうな弱視というテーマを一定のリアリティラインで描きつつ、ラブコメとしてちゃんと(と言うと失礼だけど)面白い。相手方がヤンキーというのも善意を他意無く素直に受け取れるので不快感なく楽しく読める。
恐らく取材等をベースに描かれた弱視と、物語を作る上での記号としての弱視の描き方のバランスが絶妙。基本は前者のほうが強いから物語の土台はしっかりしてるんだけど、後者も意識してないと「美少女なのに」『見えないくせに』「オマエもな」なんてセリフは出てこない。そういう辺りからも、弱視という存在を表現するのに極端に差別的にも悲観的にもならないように配慮しつつ、エンタメ作品として昇華しようとする心構えが見て取れる。

1巻まで読了

弱視のユキコに出会ったことで黒川の視野が広がって、数え切れないほどの気づきを与えられて、人間関係も良い方に変化して、しかもバイトも見つかるという、なんたる運命の2人でしょうか。

そしてその周りの人間も影響され、変わってゆき、少しずつだけど、二人の周りの世界が優しくなってゆく…!
どうか二人に不幸なことが起こりませんように、と祈ってしまいます。

どうしても普段生きていると、人を見た目だけで判断したり、これはこういうものだからと諦めて問題視せずに見過ごすことが圧倒的に多いですが、些細なことでも、見方や考え方を変えたり、自分が関わることでなにか変わるかも、という意識を持とうと思わせてくれるマンガです!

面白そうと気になってたので読んでみました!
難しい題材ですよね…。
でも確かに読んだ印象が、差別的にも悲観的にも描かれてない!
むしろ二人を好きになるように描かれている!
そして同じくこの二人、運命の出会いだと思います。
記号としての「ヤンキー」と「白杖」じゃなくて一人一人の人間に思えてくるので出会えてよかったね…!という気持ちに。

現実にいる白杖の方に接するのにはこれが入り口でもいいんじゃないかって思ってしまいました。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner