高校生の繊細な感情を撫でるような作品

一番下のコメントへ

しん、と空気が冷えた部屋で隣近所が寝静まった真夜中に読みたいなと思った。
もしくは早朝の誰もいない公園のベンチ。

この漫画には、十代の純粋で無邪気で困惑していて憧れて焦って嫉妬して絶望するような息苦しさの中でもがく美しさがあった。

誰かに無遠慮に無関係に傷つけられても本来文脈の無いそこで悲しむことはないんだけど、そんなこと言われたところで意味は分かっても飲み込むのは大概難しい。
同調圧力は、自分が最も毛嫌いしていることの一つで、どこかのだれかが「普通」を免罪符にお前はどうなんだと脅してくる。
「普通」であることは何も偉いことではないし、安心することでもないが、何か縋りつける指標でもないと安心できないというのも分からないでもない。
自由を生きるのは恐ろしいものだ。
制服を脱ぎ捨て自分を生き始める前、既製服に包まれ親や学校に守られている間、大多数が現状と自分の未来に不安を抱き「普通」を求める。
人によっては、その後もずっとだ。

高校の頃、自分が何を考えていたのか少し思い出せた気がする。
いまの高校生が読んだら、具体的にこれと言葉にできなかった不安や焦燥、哀しみを自覚できるのかもしれない。

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー