一番下のコメントへ

個人的には、『呪術廻戦』以来の期待できるジャンプ新連載

親の借金を肩代わりさせられた主人公が、仲良くなったチェンソーの悪魔と借金返済のためヤクザの雇われデビルハンターとしてどうにか頑張るが、ある悪魔に追い詰められてしまい・・。

ファイアパンチ』の作者だけあってやはり雰囲気がとても渋めだが、ジャンプっぽくポップ目に仕上がっている。
画面の暗さかな?暴力描写なども映画的というか、ノワールっぽくていい。
『ファイアパンチ』然り、タイトルがすごくシンプルかつどこかレトロさを感じさせるようなダサいようなかっこいいような感じで良い。
第一話ラストでは、まさにタイトル通りの状態に。
チェンソーの悪魔なんて聞いたことないし、オリジナリティすごいなと思ったけど、なるほど、先にこっちの変身ビジュアルあってのそれかーとも思える。ダサカッコイイ。

貧乏と悲しみと業を背負った少年が主人公というのはやはり良い。
状況的には『NARUTO』と似ているのかもしれない。
そう考えるとここから骨太なストーリーが展開されることが予想されるのでとても楽しみだ。
なにより、彼は第一話でさっそく居場所を与えられた?というスピード展開。
これから少しずつそこに「居る」ことを許されていくのだろう、と思うとワクワクする。
どちらでもない何か、どこにも属せない、人間ではない何かに変質してしまう哀しみ、というのはドラマがあっていい。
寄生獣』もそうだ。
ということは、まさにバディものでもあるんだろう。
淡々と冷めてるようでいて実は芯が熱い、貧乏だが夢を持った主人公というのが一話だけでも読み取れるので、とても親切だ。
「人間が食べられる(殺される)脅威がある世界観」という作品はかなり魅力的な作品が多いが、この作品はそれが悪魔だ。
しかも、悪魔のデザインの自由度が限りなく高いので嬉しい。

全体の雰囲気的にはジャンプSQの方が合ってそうな気もするけど、作者の前作の評価や軸の強さを考えると編集部も長く続けさせてくれてりするんじゃないかなーと。

コメントする
10/31(日)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー