日本と書いて「ヒモト」と読みます

手塚先生がこういうサラリーマンの話を書いているなんて知らなかったのでなんか新鮮で、読んでみました。
若手の商社マン、日本(ヒモト)人(ヒトシ)が南米カニヴァリアに新支社長として赴任したところから始まり、まぁいろんな目にあいます。
外国から見た日本人というテーマで描かれた作品ということです。

何が言いたいか、というと、あらすじに出てきたカニヴァリアという都市が、カニバリズムに関係あるんだろうと思い込んで読み始めてしまった、ということです。
エイズの薬の原料はけっこうホラーでしたけどね。

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー