読みやすいSF

SFと聞くと宇宙とか数式とか、なんだか小難しいイメージが強くて、今まであまり読んだことがありませんでした。

死人の蝶を回収・凍結管理する国家機関「死局」捕蝶課を描く、蝶をめぐる近未来SFアクション!
↑という帯文句が何を言っているのか意味不明で気になって読んでみて正解でした。
人が死ぬと蝶になるなんて…ロマンティック!この前提が入っているだけで武闘派シーンもすんなり読める感じがあるんですよね。絵もゴテゴテしすぎずシンプルで綺麗なので、きっと女性受けも良いと思います。
伏線が多くてこれから色々明らかになる予感があって楽しみです!

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー