user_private
片桐安十郎

主人公の少女るつぼが自身の初めて会う父親と共同生活する話。自身の父に対して憎しみにも近い感情を持ってるるつぼが父と周りの人に少しずつ心を開いていく様がすごくいい!!
無口でほとんど喋らないんだけど表情がコロコロと変わって年頃の女の子って感じですごく可愛い。

でも少し父親が何かを抱えてるようなのでそこも気になる。早く2巻が読みたい。

無口な女の子が少しずつ心を開いていく様がいいにコメントする
『真昼のポルボロン』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ