2巻で世界観が結構明らかに

なまこデラックス

2巻が発売されたが、世界観が結構明らかにされた。
近未来SFだとは思っていたがカタストロフィー後の世界という話だったよう。蝶を管理する理由や使い道、あとは敵対組織なんかも暫定的にわかったりして結構進展があった。
アクションシーンもそれなりにあったし2巻も面白かった。
安堂維子里は、SF的な世界観と妖精とかファンタジー的な世界観を混ぜるのがうまいけど、バタフライストレージは特にいいな。

サイコパスみたいな話になってきたなと思った。犯罪係数とかではなく社会の仕組みが。

バタフライ・ストレージトをアニメーション化する必要があります!

コメントする
投稿者名