ちょっと変わった漫画家漫画

序盤の担当がすぐ変わるのもいいけど、アシスタントの絡みが面白い。
すごい笑える感じではないけど、妙に好き

小光栗夫は週刊少年ゲルマンで『ときめき堕天使 モモカ』を連載する新人漫画家である。 まんが道まんが道を歩き出したばかりの彼の日常は、打ち合わせをしたり、コマを割ったり、絵を描いたり、時には取材に出かけ、時にはテンパることも…… 人気商売の喜びと悲哀をやさしく描いた、定番ジャンル・マンル・マンガ家漫画の、これがまさし...

4 – 29/29件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>

小光が小学生の頃に描いていた「爆裂スネークボーイ・竜」って名前の絶妙なダサさといい、無茶すぎる強さといい、モモカのキャラといい、この回すごい好きだった

小光が小学生の...

担当が頻繁に入れ替わる設定も、モモカと会話できる設定も徐々に失われていって残念だったけど、なんやかんやで後半の方が面白かった

「小光先生の次回作にご期待下さい」も読んだけど、「明日には上がります」でいろいろ試していたからか、安定感があった。
ストーリー的にはすっきりオチがついたから続いて良かった

こういうゆるっとしたテンポのギャグマンガを一気読みすると、読み終えた時の「終わっちゃったなぁ…」っていう寂しさがひとしおなんだよなぁ

読みましたー

担当が頻繁に変わる設定を途中で思い出したのか、
突発的に辞めた&出てこなかったけどそれまでも変わってたのか…

って思ったらなんか笑えたww

マンバで評判が良いので読んでみましたが、
面白かったです。
特に第3巻のラストの2作が凄く良い。
ラス前のキューバ回とラストの少年ゲーム回。
それぞれ最期のオチというか終わり方が
全然違うのだけれど、どっちも最高。
キューバ回の次に、ああいうゲーム回を描くとは・・
してやられました(笑)。

主人公の漫画家・小光栗夫は
序盤はウザイ担当編集に迷惑を蒙る側だったが
途中からアシスタント達にウザく絡むキャラになった。
大抵の話のオチが
「こいつウゼーッ」ってオチなんだけれど、
なんだか和むというかホッとしてしまうのはなぜだろう?
水口先生の描くウザキャラが良いウザさ?なのだろうか。

それと主人公の名前・小光栗夫(コミツ クリオ)って
「コミック作り」をもじった名前なのだろうか?
そうだとしたらこれも微妙にウザイ名前だ(笑)。

4 – 29/29件
<< 最新
< 前
次 >
最初 >>
コメントする
投稿者名
また読みたい
フォロー