2008年10月16日発売
ワインの赤は復讐の赤
オーストラリアの大企業、T・Bファミリー社。女社長のエレナは2つの名門ワイン醸造所が合併して10年を祝う美酒に酔わんとしていた。一方、望まれない子として生まれ、実の母であるエレナに蔑まれ遠ざけられてきた娘・タマラはエレナをずっと憎んでいた。そんな中、エレナが末期癌で余命2ヶ月と知ったタマラは復讐を始めるのだった。10年前にタマラとつき合っていて、今ではエレナの下で役員として働くローリーは彼女を愛していたが、タマラにとっては彼ですら復讐の道具でしかなかった――。だが、そこでタマラは一族の思いがけない秘密の扉を開けることになり……!?
去りゆく少年―遠い夏の日―
ビリーはハイスクール卒業後、弁護士となって12年ぶりに故郷のリバー郡モス・ベンドに帰ってきた。アル中で亡くなった父の弁護士事務所を継ぐために――。町の人気者ビリーは久しぶりに親友ダグと再会するが楽しい会話も束の間、ビリーはダグの口から昔好きだったキャロライナの良くない噂を耳にする。ダグと別れた帰りの途中、偶然子供を連れたキャロライナに再会したビリーは……。
マター・オブ・マリッジ
デザイン会社を立ち上げ、仕事一筋、自立したオンナの小泉唯、32歳。そんな唯が妹の子供を見た瞬間、強い母性愛に目覚めた!気がつけば結婚適齢期はとっくの昔。優しい夫と可愛い子供を手に入れるためまずは「男を紹介して」と友人に頼み、そして結婚相談所にも入会。いざ、結婚に向けて戦闘開始~!ところが、見合いを繰り返すがとんでもない男ばかりで……。
パワー・プレイ
業界屈指の広告代理店『ミニース・マネージメント』。社長のペパー・ミニースはその若さと美貌、明晰な頭脳で各方面から絶賛されていた。だが、世間の誰もが神秘的とさえ評する彼女が、その成功の裏に激しい復讐の炎を宿しているとは知るよしもなかった。11年前、流浪の民、ロマ民族の血を引くレイチェル・リーは部族に別れを告げ、独りオクスフォードで暮らしていた。そんな彼女を突如襲った事件……それは清らかな彼女の身体を無惨にも傷つけるレイプだった――。自分を踏みにじった犯人達に復讐を誓ったレイチェル!!ペパー・ミニースと名前を変え、失われた誇りのために、今ある富や名声の全てを投げうつ覚悟で……。紳士の街・英国で繰り広げられる愛と復讐のロマンス!
ペーパー・ローズ
サウス・ダコタで義父と暮らす17歳のセシリー。義父から執拗に関係を迫られていた彼女は、ニューヨークから里帰りしていた年の離れた幼なじみのテートにニューヨークの大学を勧められる。青年実業家として活躍するテートはまるで「足長おじさん」のように彼女を見守っていたが、いつしかセシリーに対する恋心に気づく。苦悩する彼は、生花のバラが好きだという彼女にあえて恋人ではなく家族愛の意味をこめて造花のバラ(ペーパーローズ)を贈るが……!?愛するが故に相手を傷つけてしまう、男と女の恋を描いたラブ・ストーリー。
スウィート・ベイビー(3)
蠍の入れ墨がある男の名前をつきとめ家に戻ったトリーだが、そこにはもう荷物もブレットの姿もなかった。子供の頃の記憶が重なりパニックに陥るトリー。そんなトリーを想う、ブレットとブレットの兄・ライアンの気持ちは……!?ついにトリーと謎の男の関係、そして母親の行方が明らかになる!ラブ・サスペンス第3巻、完結巻。
終われないふたり(3)
11年前、息子を湖の事故で失ったジュリアーナ。その事故の目撃者で事故の真相を知る男・ハロルドが何者かに殺されてしまった。唯一の手がかりはどこかに残されたハロルドの日記……。一方、州知事候補のラスクのスキャンダル疑惑と親友マージの死の真相を追うゲイツとジュリアーナはついに事件の核心へと迫る!!そんな中、お互いへの愛を確かめ合おうとした彼女だが再びゲイツと誤解が生じすれ違ってしまう。ふたりの愛の行方、そしてすべての事件の驚くべき真相が明らかに……!?
2008年10月16日