肉女のススメ

肉女のススメ

仕事に恋愛に必死なアラサー未婚のOL達の唯一のオアシス。それは肉! ハンバーグ、とんかつ、焼き鳥、牛丼…カロリーを気にせずがっつく時間こそが人生の至福…真の肉食女子たちによるジューシーお肉ほおばり幸せグルメ漫画!
キミノカオリ

キミノカオリ

田舎のチャラ男だった大地は都会から転校してきた地味な少女・笠森を笠モブとあだ名をつけバカにしていたが…!? モブ子とチャラ男2人だけの秘密のフェティシズムプレイ…「キミノカオリ」他、強烈な思春期のフェチエロス短編が入った俊英作家珠玉の1冊!
リリィシステム

リリィシステム

田舎町に住む女子高生・奈々と瑞希はふとしたことから納屋の奥にあった古ぼけた謎の機会を発見する。その機械が二人を不思議な世界へ誘って!? 仮想現実×百合のメカニカルガールズストーリー!
ブラックリリィと白百合ちゃん

ブラックリリィと白百合ちゃん

品行方正・まっすぐな性格の優凛が転入した学校は厳格な校風を旨とするお嬢様学校…だったはずがいささか風紀が乱れている模様。高慢な優等生リリィを頂点をする校内は「自由」のもとにヤリたい放題!? 百合コメディ!
百万畳ラビリンス

百万畳ラビリンス

人と関わるのが苦手な礼香はゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていたが、ルームメイトの庸子と共に木造迷路に迷い込んでしまい!? ミステリーファンタジー!
エスパーOL☆亜美

エスパーOL☆亜美

Hな気持ちになると超能力がつかえるOL亜美ちゃんが大活躍!超能力エロコメ「エスパーOL☆亜美」ほか、「モデルハウスへようこそ!」「召しませスイーツ」「奥様の憂鬱」を収録
icon_book
試し読み
ヴィーナスカント

ヴィーナスカント

齢35の地元の銀行支店長三家には秘密の願望があった…それは夫婦であるにも関わらず性的な行動を拒絶する貞淑な妻の薫を犯すことだった…美しき人妻の官能コミックの巨匠佐野タカシが描くエロティックロマン!
たまつき事後物件〈連載版〉

たまつき事後物件〈連載版〉

ネットバイヤー、ヤオフク太郎は田舎の激安一軒家を買った。屋根裏掃除中発見したVRゴーグルをかけてみると感触のある和装美女と交わえる。あまりの快感に絶頂を極めた太郎だがVRゴーグルの罠に危機一髪のところを可憐な祈祷師美女、紫吹珠衣に救われるが…
魔女ノ湯〈連載版〉

魔女ノ湯〈連載版〉

FX破産で死を決意した澤克忠は、断崖で奇妙な半仮面の和風美女に誘われる。「一夜のお情けを」と半仮面の美女達に迫られた澤は案内役のミサを指名し夢かうつつか激しく交わった。「はっ!」と車の中で目覚めた澤の手には四篠ミサの半仮面が…

人気の作品

いまなら無料で読める

オススメのクチコミ

ひさぴよ
ひさぴよ
2019/08/27
夏の夜に読みたくなるマンガ
双子の高校生、藤木輝と香夜は夏休みに入った日、祖父に呼び出され、隕石の落下地点に行くことになった。その目的は隕石を人に変えることだと祖父は言う…。 正直、あらすじだけでは何を言ってるのか訳がわからないと思うが、この物語は実際そういう話だ。 この世界では、「落ちてきた星(隕石)を人に変える」という世にも不思議な仕事があり、お祖父さんはその役目を担う一人だったのだ。 人に変えられた星たちは、見た目は人間と変わらないがスーパーマン(表立っては活動したりはしない) のような存在に近く、考え方のスケールは、ヒトとは全く異なる存在だ。 星を人に変えた者は、願いを一つだけ何でも叶えてくれるという約束があり、お祖父さんは、その役目を主人公たちに託す。しかし輝と香夜は願いを決めることがなかなかできない。 実は主人公一家は、過去にとてつもない理不尽な目にあっていて、「いま何を願うか」と星から問われ、それぞれが葛藤しながら田舎での日々を過ごす…。 この漫画の魅力のすべてを言葉で説明することは難しい。まぁ全体的に優しい人間しか登場しないので、ほのぼのSFな雰囲気なのだけど、双子の男女それぞれの目線で、過去の喪失であったり、やり場のない憎しみと向き合い成長する姿に一番心を動かされたのは確か。この1冊の中に、ちょっと詰め込みすぎかな?と思ったけど、最後はどうなるんだ!?というところで、駆け抜けるようなラストの終わり方、大好き。
吉川きっちょむ
吉川きっちょむ
2018/09/23
期待していたのとは違う方向だった
何気なく手に取ってみたけど、いい設定だった。 ごく普通の男子大学生の主人公はある特殊な能力を持っていた。 それは、「願いを叶える力」。 ただし、代償は願いを叶えた人の身のまわりの大事なモノや人でバランスを取るかのような不幸が必ず起きるということ。 半信半疑だったその力に確信をもっていくような描写や、能力の分析・検証って面白いよねーといつも思う。 全3巻という短さの中で、その末路に至った人や、かつての関係者を描いていたのは良かったが、思っていたようなワクワクするような展開には転がっていかなかったので少し残念。 主人公にとってあまり大きい波風が立たずにある意味無事に終わってしまい、投げっぱなしのようなむず痒さが残る。 勝手な言い分だが、一度狂おしいほどの強烈な不幸を味わってほしかった。 この能力の肝は、死神?の意図かそうでないかに関わらず、能力を使わなきゃいけない状況・場面に追い込まれていったときに「願う」かどうか、願ってしまった上でどう対処するか、すべてを突き放し孤独に生きるのか、代償を支払わせるためだけの関係を割り切って作るのか、能力自体にどう抗い戦っていくのか、そのあたりをもう少し具体的に見たかった。 映画『ファイナルデスティネーション』的な方向でも面白そうだったけど、作者さんがやりたかった方向とは違うのかなー。 大事な人を守りたい、という部分が強かったから動かせなかったんだろうか。 大事な人を守りたいからこそ、願ってしまう姿を見たかった。 ハンターハンターのハンター試験でも出たドキドキ二択クイズのような、母を取るか、恋人を取るかのような命題がほしかったなー。 運命と諦めないで泥臭く抗うような、そんな漫画を読みたい。
もっとみる

kindle Unlimited