スペリオールの新人漫画家、ハン角斉氏が65歳でデビューと知って衝撃だったんですが、デビューが遅かった漫画家さんってどれくらいいますか?

スペリオールの新人漫画家、ハン角斉氏が65歳でデビューと知って衝撃だったんですが、デビューが遅かった漫画家さんってどれくらいいますか?

@名無し

ハン角斉さんほどではないですが、雲田月子さんという漫画家さんが、55歳を過ぎてミステリーボニータでデビューされてます。

ナニワ金融道青木雄二。40歳半ばでデビューしている。
当時の新人マンガ家としては最高齢。

たしか太宰治だったと思う。近所に住んでる老人は、鏡を見ないでヒゲをそる、と書いていた。ここには、ふたつのことが語られている。ひとつは、経験を重ねないとできないことはたしかにあるということ。よほど熟練しなきゃ、鏡見ないでヒゲそれない。もうひとつは、それは大したことじゃないということ。鏡を見なきゃ...

齋藤なずな先生もデビューは40歳だよ。
今は70歳超えてるけど現役で活躍されてます!

40歳でマンガ家デビューし、現在70歳を越えた作者の20年ぶりの単行本。1992年刊行の『片々草紙』(話の詩集)より8作品と、2010年代に発表された「トラワレノヒト」「ぼっち死の館」を収録。普通に生きる人々の日常を自然体で表現した作品群のなかでも、直近の2作品は、深い洞察力で人間の煩悩を描き...

スインギンドラゴンタイガーブギ」の灰田高鴻
30歳から職業として漫画家を目指して、40歳でちばてつや賞を受賞→連載へ

漫画「スインギンドラゴンタイガーブギ」が話題だ。昭和26年に福井から上京した主人公の少女、トラこと諏訪於菟(おと)がベース奏者、小田島龍治(たつじ)らと進駐軍のキャンプを回り、天性の歌声でジャズ曲「タイガー・ラグ」などを披露するジャズ漫画。 ...

今では少年誌じゃなきゃデビュー遅い人たくさんいそう
ハコヅメ泰三子さんとか警察10年やってんだから遅いんじゃないかと思うしどんな人生経験も無駄でないんだろうなと思えるね!

「スモーキング」の岩城宏士 ちばてつや賞をとってデビューした時は40歳になっていたという。 https://magazine.yanmaga.jp/awd/chiba/archive/65.html

「スモーキング」の岩城宏士 ちばてつや賞をとってデビューした時は40歳になっていたという。 https://magazine.yanmaga.jp/awd/chiba/archive/65.html

@名無し

これ知らなかったわ
すげえな

「スモーキング」の岩城宏士 ちばてつや賞をとってデビューした時は40歳になっていたという。 https://magazine.yanmaga.jp/awd/chiba/archive/65.html

「スモーキング」の岩城宏士 ちばてつや賞をとってデビューした時は40歳になっていたという。 https://magazine.yanmaga.jp/awd/chiba/archive/65.html

@名無し

リンク切れしてるので魚拓をば。

講談社のコミック・雑誌 KCコミックの公式サイト。雑誌の最新号、コミックの最新刊情報、著者情報をお探しの方はこちら。ヤングマガジンのページです

今週のスペリオールに載ってた読切蜘蛛女』。作者のまさかき先生は52歳でこの作品が初執筆らしい。ものすごい才能だ…


淡島カケス│愛知県 自分の顔にコンプレックスを抱く女子高生「もにょ子」はある日、学校で都市伝説「顔剥ぎ」の噂を耳にする。顔剥ぎに出会うと、顔を剥がされ別な顔に替えられてしまうと聞き、もにょ子は恐る恐る噂のトンネルに赴くが...? ...

デビューが遅かった漫画家を教えてにコメントする