icon_reread
また読みたい
フォロー
ヤオチノ乱(1)
現代に忍者は生きている――。スパイ天国と称される我が国にあって、本当は世界最強の諜報集団が存在し、護国の柱となっているのをご存知だろうか? いわんや忍者のことである。「八百蜘」なる一族に生まれ育った少女・キリネは、とある「大会」に参加していた。その表向きの目的は、日本代表の忍者を選抜すること。しかしその実態は、四日以内に他の参加者を間引かなければ自身が絶命するという凄絶なるサヴァイバルであった。
ヤオチノ乱(2)
現代に忍者は生きている――。スパイ天国と称される我が国にあって、世界最強の諜報集団が存在し、護国の柱となっているのをご存知か? いわんや忍者のことである。「八百蜘」なる一族に生まれ育った少女・キリネは、日本代表の忍者を選抜する大会に参加していた。しかしその実態は、四日以内に他の参加者を間引かなければ自身が絶命するという凄絶なるサヴァイバル。数多の犠牲者を出した死のゲームに、いよいよ決着の時が!
ヤオチノ乱(3)
現代に忍者は生きている――。スパイ天国と称される我が国にあって、世界最強の諜報集団が存在し、護国の柱となっているのをご存知か? いわんや忍者のことである。「八百蜘」なる一族に生まれ育った少女・キリネは宗家の当主から認められ諜報活動を開始することと成った。最初の任務はCIAから流出したファイルを発見し奪取すること。決戦の地は台東区上野。米国が誇る諜報機関との対決は、文字通り、命を懸けたものとなった。