あらすじ

「シアロアはもしかして神様か何かで いつもどこかで私達を見てるんじゃないかな」 “シアロア”。正体不明の音楽ユニット。彼らが歌にするのは、ある時は「非日常に憧れる優等生」のある時は「友人関係に悩む少女」のそしてある時は彼ら(シアロア)自身の感傷――今この位置を愛せない僕らに優しく突き刺さる“歌”をめぐる一人ひとりの物語。