icon_reread
また読みたい
フォロー
わたしの沖田くん(1)
沖田総一は原町田大学の2年生。入学以来、アタックした女子に振られること実に8回。まったくモテなかったのに、隣の部屋に女子が引っ越してきたことで、人生が一変する。お隣さんはなんと、幼なじみの沢村琴。中学卒業以来の再会だった。20歳の男女に成長した2人。幼い日の友情は、どう進展する…!?
わたしの沖田くん(2)
恋愛感情はないというけど、端から見れば夫婦!?のような痴話喧嘩ばかりしている総一と琴。男性恐怖症のゆかりちゃんに一目惚れした高校時代の後輩・高杉のため奮闘するも徒労に…。やがて夏休み。琴は新築移転した実家に帰省するが、その実家も総一の家のお隣さん。結婚した旧友宅へも2人して訪れて…。
わたしの沖田くん(3)
琴が田舎で見合いをした。見合い相手を一目見た総一は、ただならぬ予感を感じていた。ハンサムで一流商社に勤める木戸高史。琴を気に入った木戸は、ニューヨーク支社への転勤に、ついてきてほしいと告げる。どこか強引な木戸に不信感を抱いた琴。雨の中を帰ってきた琴は、総一の腕に倒れ込んでしまう。
わたしの沖田くん(4)
見合い騒動も一段落。大学生としての日常が戻ってきた1月下旬、後期試験が始まった。『不正行為は留年に処す』と教授会から厳しいお達しもあり、真剣勝負に挑む学生たち。万全を期して臨んだ琴だったが、試験中に拾った紙がカンニングペーパーだったことから“現行犯”として退出させられてしまった。
わたしの沖田くん(5)
カンニング犯が名乗り出たことで琴は無事進級、やがて新学期。総一の向かいの部屋に新1年生がやってきた。ポストの名前は徳川さん、葵の御紋もついている。由似ちゃんは大財閥・徳川グループのお姫様だった。ご学友に認められた総一と琴は、秘境にそびえる由似姫城に招待される。驚愕のそのお城とは…。
わたしの沖田くん(6)
もてない総一が街角で女の子に声をかけられた。それは、不良から逃れるための“逆ナン”だった。女の子は蘭と名乗り、総一を手玉に取り散財させてドロン。次の日曜日、総一は従妹のめぐみちゃんに招かれて、聖徒学園高等部の女子寮を訪れる。紹介されたのは先輩の生徒会長・神崎蘭。見覚えのある顔だった。 【同時収録】デビュー作/79年月例YJ賞佳作「沖田総一くん恋すの場合」
わたしの沖田くん(7)
夏休みに入り、総一と琴は仲よく帰省。田舎の実家も隣同士なので、下宿生活と代わり映えのしない日常です。ところがある日、父は出張、母は法事で遠方へ。琴は一人でお留守番することに。心細さも手伝って、総一に泊まりにきてほしいと声をかける。総一と琴の緊急同棲!? さて、どうなりますやら…?
わたしの沖田くん(8)
季節は秋になりました。台風一過の秋晴れに『町内体育祭』に参加する総一と琴。実行委員も務め、頑張った総一には敢闘賞。抜群の成績を残した琴には最優秀選手賞が贈られる。用品店経営の大会実行委員長からの賞品は、ちょっとムフフなランジェリー。困り果てる琴を尻目に、大喜びする総一なのでした。 【同時収録】特別読切「LOVE UP!」
わたしの沖田くん(9)
伊吹先輩が、行きつけのスナックにボトルを入れた。総一はそこに居合わせた不思議な美女と意気投合、飲み潰れてしまう。二日酔いで目覚めてみれば、隣にはその美女が。「責任取るから結婚を!」と迫る総一を一笑に付す謎の美女。琴とも親しくなり、猫さんと呼ばれて居着いてしまう“奇妙な生活”が始まった。
わたしの沖田くん(10)
琴が足をくじいた。優しくいたわろうとする総一なのだが、することなすこと裏目に出る。抱えて部屋へ移動中に転んだのが原因で、今までにない全面戦争に。琴は襲われそうになったと勘違い、総一を卑怯者とののしる。さとみの忠告で琴の怒りも収まりかけるのだが、酒に酔った総一が絶交宣言をしてしまう。