あらすじ

吸血鬼ドラキュラのモデルであり、残虐の王として知られるワラキア公・ヴラド三世。その一方で、当時最強のオスマン帝国から母国を守り抜いた英雄であり、革新的な政治力でワラキアの国力を高めた知略の王でもあった。本書では、史実とフィクションをまじえ、ヴラド三世の生涯を描き出す。【3巻のあらすじ】ワラキア国内の有力貴族を大粛清したヴラド。残るは最大の敵・アルブのみ。中央集権化を狙うヴラドにとって大きな意味をもつ戦いが始まる。そしてついに、当時の世界最強・オスマン帝国がヨーロッパ制覇に動き出す。率いるはメフメト二世。難攻不落のコンスタンティノープルを陥落させ、“征服者”と呼ばれた男が、ヴラドの前に立ちはだかる――!
ヴラド・ドラクラ 1巻

残虐の暴君か、国を護りし英雄か――。15世紀中期。南にヨーロッパを席巻するオスマン帝国、西に大国ハンガリー。ふたつの強国に挟まれた小国・ワラキア(現・南ルーマニア)にひとりの若き公が戴冠する。その名は、ヴラド三世。国内政治は貴族に支配され、外交は大国の情勢に左右される中、ヴラドは故国・ワラキアを護るため、その才を発揮していく――。“串刺し公”の異名を取り、ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』のモデルとなったヴラド三世。その実の姿に迫る、歴史ロマン。

ヴラド・ドラクラ 2巻

吸血鬼ドラキュラのモデルであり、残虐の王として知られるワラキア公・ヴラド三世。その一方で、当時最強のオスマン帝国から母国を守り抜いた英雄であり、革新的な政治力でワラキアの国力を高めた知略の王でもあった。本書では、史実とフィクションをまじえ、ヴラド三世の生涯を描き出す。[2巻のあらすじ]信頼できる有能な配下を集め、徐々に勢力を拡大していくヴラド。しかし、国内貴族たちの抵抗もまた激しくなっていく。貴族たちは前君公の子息、ダン・ダネスティを担ぎ出し、大国ハンガリーの力を得てヴラド追放に動き出していた――。ヴラドに最大の危機が訪れる、第二巻!

ヴラド・ドラクラ 3巻

吸血鬼ドラキュラのモデルであり、残虐の王として知られるワラキア公・ヴラド三世。その一方で、当時最強のオスマン帝国から母国を守り抜いた英雄であり、革新的な政治力でワラキアの国力を高めた知略の王でもあった。本書では、史実とフィクションをまじえ、ヴラド三世の生涯を描き出す。【3巻のあらすじ】ワラキア国内の有力貴族を大粛清したヴラド。残るは最大の敵・アルブのみ。中央集権化を狙うヴラドにとって大きな意味をもつ戦いが始まる。そしてついに、当時の世界最強・オスマン帝国がヨーロッパ制覇に動き出す。率いるはメフメト二世。難攻不落のコンスタンティノープルを陥落させ、“征服者”と呼ばれた男が、ヴラドの前に立ちはだかる――!

ヴラド・ドラクラ 4巻

ついに世界最強のオスマン帝国がワラキアへの侵攻を開始。両軍はドナウ川を挟んで対峙する。ワラキア軍2万に対し、オスマン軍は6万。最新鋭の武器を揃える軍勢を率いるは、戦争の天才「征服王」メフメト二世。ヴラドは、圧倒的な不利を覆し、ワラキアを護り抜くことができるのか――。全編に渡って、対オスマン軍の壮絶な防衛戦を描く第四巻!

ヴラド・ドラクラ 5巻

捨て身の焦土作戦を展開し、オスマン軍を弱体化することに成功したヴラド。しかし、圧倒的戦力差を前に、徐々にワラキアは追い詰められていく。そしてヴラドは、最後の奇襲をかけることを決意する。自らオスマン兵に扮装し、単身オスマン陣に潜入。ヴラドは無謀とも言える作戦を成功させて、瀕死のワラキアを勝利に導けるのか。“トゥルゴヴィシュテの夜襲”として歴史に残る奇襲作戦を描く第五巻。ヴラドとメフメト、両雄の意地と策略がぶつかり合う圧巻の戦闘シーンは必見!

ヴラド・ドラクラ 6巻

ヴラド三世の激動の生涯を描く歴史大作、第6巻。死力を尽くしてメフメト二世率いるオスマン軍を撃破したヴラド。しかし、その代償はあまりにも大きかった。国土・国民は疲弊し、陣営内にも不協和音が生じ始める。メフメト二世は、ヴラドの弟・ラドゥ三世を立ててワラキアに迫る。ヴラドとラドゥ、血を分けた兄弟の公座を巡る争いが始まる――。

ヴラド・ドラクラ 7巻

実弟・ラドゥとハンガリー王・マーチャーシュの奸計により、囚われの身となったヴラド三世。絶望的な状況の中でも、ヴラドは虎視眈々と復位への道を探り続ける。そんな中、ヴラドを救うために盟友が立ち上がる。モルダヴィア公・シュテファン三世が、大国ハンガリーとの対立を覚悟の上でヴラド解放へ動いていく。ヴラドとシュテファンの熱き友情と、もうひとりの英雄・シュテファンの覚醒が描かれる第7巻!