reread
また読みたい
フォロー
―もう二度と生まれてきませんように― 学校の屋上から身を投げ出そうとするのは、半年前まではごく普通の中学生生活を送っていた少年、歩。彼をここまで追い込んだものとは? そして、その先に待つ真の結末とは…?
不良グループの歩に対するイジメは次第にエスカレートし、やがて暴力に発展していく。しかし、それを目撃した一人の女子生徒が行動に出るのだった。
異変に気付いた母が歩を問い質す。闇で心を閉ざし何も感じなくなってしまった歩だったが、この母の想いは痛いほどに伝わって来たのだった。
又賀の代わりに罰ゲームを受ける事になった歩は教室で裸踊りを決行する。しかし真の悲劇はこの後訪れるのであった。そして歩はついに決意する。
すんでの所で命を取りとめた歩は、生きる選択をするものの、同時に深い憎悪の念に支配されていく。そしてついに、復讐を決行するのだった。
予想外の事態に苦戦を強いられながらも、ついに二人を倒した歩。しかし殺意に憑りつかれた少年の真の復讐劇は、ここから始まるのだった。
憎悪の念に苛まれながら、かつて自分を苦しめた相手へ暴虐の限りを尽くしていく歩。その計り知れない悪意は、鶴巻へも容赦なく襲い掛かろうとしていた…。
監禁した二人に対し、さらに追い討ちをかける歩。涙ながらの謝罪にも復讐の意志は揺るがない。しかし、ある条件と引き換えに二人を開放する約束を交わすのだった。
鈴木山を人質に取り、鶴巻に若保囲殺害を指示した歩。だがこれは鶴巻にとって窮地を脱する千載一遇のチャンス。歩の死角をつき、行動を起こすのだが…?
必死の謝罪も歩には響かず、自らに死が迫っている事を実感した鈴木山は一人これまでの人生を振り返る。しかし殺人決行の日は容赦なく訪れるのだった。