icon_reread
また読みたい
フォロー
仕掛人 藤枝梅安(1)
【 池波正太郎、最高傑作 新生!! 】必殺の針で悪を葬る、暗黒街の殺し屋。鍼の名医でありながら殺し屋として悪党・外道を葬る藤枝梅安の活躍を描いた傑作ピカレスク、最新第1巻。『鬼平犯科帳』『剣客商売』に並ぶ池波文学の最高峰、ここに新生!
仕掛人 藤枝梅安(2)
【人の心の闇を描く池波正太郎の傑作!】殺し針で外道を闇へと葬る。鍼の名医でありながら殺し屋として悪党・外道を葬る藤枝梅安の活躍を描いた傑作ピカレスク、最新第2巻。『鬼平犯科帳』『剣客商売』に並ぶ池波文学の最高峰、ここに新生!
仕掛人 藤枝梅安(3)
六人の刺客を仕掛人・藤枝梅安と剣客・小杉十五郎が迎え撃つ!! 梅安の暗闘を描く累計10万部突破のピカレスク・ロマン最新刊!
仕掛人 藤枝梅安(4)
岡っ引きの死を見届けたことをきっかけに、梅安の命を何者かが狙いだす「闇の大川橋」。暗黒街の元締同士が互いの命を狙い合う「梅安鰹飯」など、江戸の暗黒街を生きる者たちの峻烈なる生き様を描いた全5話を完全収録。
仕掛人 藤枝梅安(5)
上方に身を隠していたはずの小杉十五郎が、再び江戸に現れた。盟友との再会を喜ぶ藤枝梅安は声をかけようとするが、小杉は何者かに尾行されていたのだった……。過去の因縁に真っ向から対峙する小杉と、その裏の梅安たちの暗躍を描く「梅安流れ星」(前後編)ほか、「梅安最合傘」「梅安迷い箸」(ともに前後編)の全6話を収録。
仕掛人 藤枝梅安(6)
人知れずこの世の悪を討つ殺し針が圧倒的カタルシスを生む。現代に甦るコミック・ノワールの決定版。ひょんな事から襲われた若侍を保護する梅安。しかし、その若侍は記憶を失っていた。時を同じくして舞い込む大身旗本の《仕掛け》(暗殺)の依頼だったが、標的である旗本の家紋と若侍の羽織の定紋はなんと同じ物だった……。旗本のお家騒動と盟友・小杉を匿う梅安への刺客、そして依頼主の想いが交錯し、運命の奔流となり梅安に迫る。盟友・小杉十五郎を、仕掛けの世界から足を洗わせるべく梅安達が奮闘する「さみだれ梅安」(前中後編)、そして記憶喪失の侍を巡るシリーズ初の長編「梅安針供養」(全4編)の計7話を収録。
仕掛人 藤枝梅安(7)
復讐の業火を貫く必殺の仕掛け針―― 池波正太郎の傑作中の傑作をコミカライズした、時代劇漫画の最高峰! 池波時代劇コミカライズの金字塔・待望の第7巻! 人知れずこの世の悪を討つ殺し針が圧倒的カタルシスを生む。現代に甦るコミック・ノワールの決定版。梅安の友・小杉十五郎の剣技に惚れ込み、手駒として取り込もうとする白子屋菊右衛門が、梅安を排すべく動き出した。かつて小杉の介入により梅安を仕留め損ねた白子屋の刺客・関根重蔵が、怒りに燃え再び梅安に迫る。それと同時に、小杉を恨みたびたび復讐を企ててきた大身旗本・松平斧太郎も、小杉が江戸に潜む事を知り大捜査網を敷く。怒りと復讐の業火が、四方八方から梅安たちに迫りつつあった……。消えぬ遺恨に立ち向かう梅安たちを描き、前巻の長編「梅安針供養」を補完する完結編「梅安大掃除」(全4編)、そして針の師であり養父でもある恩師を襲った浪人を巡り、梅安の十数年来の想いが結実する「梅安雨隠れ」(前後編)、業の連鎖を断ち切る計6話を収録。
仕掛人 藤枝梅安(8)
「藤枝梅安と小杉十五郎を抹殺せよ」大坂の暗黒街を牛耳る白子屋菊右衛門、己の威信をかけ、とうとう梅安暗殺に総力を投入する。白子屋とっておきの手駒である北山彦七、田島一之助は梅安暗殺の依頼を受け、東海道を下りはじめた。それと同時に、小杉は白子屋を討つ決意を秘め、単身東海道を上ってゆく。それに気づき、単身での無謀を諫めようと小杉を追う梅安。さらにその梅安を追う、白子屋の江戸での根城である「山城屋」の手下たち…。敵味方が入り乱れる東海道はまさに一触即発。さらに江戸の元締めたる音羽の半右衛門が謀略を張り巡らせ、それに呼応するかのように白子屋本人も江戸へ発つ。相容れぬ運命に翻弄される暗黒街の巨星たちは、その命運が尽きる瞬間に向けて、一直線に突き進む。池波正太郎代表作、その中でも屈指の傑作長編「梅安乱れ雲」を計8話256ページで完全収録。池波コミカライズ最前線にして白眉をこの一冊で堪能できる必読の決定版。