icon_reread
また読みたい
フォロー
そしてボクは外道マンになる(1)
1970年代、激動の「週刊少年ジャンプ」でデビューを果たした若き漫画家・平松伸二。やがて不動の人気連載作家へと成長するが、それは、想像を絶する厳しく険しい道のりであった…。岡山の片田舎で生まれた少年が漫画家を目指し、外道漫画家・「外道マン」に至る漫画家人生をドキュメンタリータッチで描く、著者入魂の一作!!
そしてボクは外道マンになる(2)
「オレは漫画家としてオメエを認めねえ!」。権藤の一言が、伸二の心に突き刺さる! 見返したい一心で『ドーベルマン刑事』を描き続けるが、そんなある日、届いた初の単行本に号泣する…!! 締め切りに追われながらも脱童貞、遠距離恋愛──、順風満帆に思えた連載3年目、現れた新担当とは!? 漫画家の苦悩、編集者との確執、怒濤の第2巻!!
そしてボクは外道マンになる(3)
平松伸二の中の悪魔「外道マン」が目覚める…!! 漫画家人生を共に歩むことになる異形の分身は、不意に現れては、伸二の心を今もかき乱す…。1978年、23歳の伸二は恋人・美奈子と結ばれるが、彼女が処女でなかった事に動揺、落胆する。連載は『ドーベルマン刑事』から『リッキー台風』へ。後に大きく羽ばたく新人アシスタントが現れる…!!
そしてボクは外道マンになる(4)
『ブラック・エンジェルズ』の連載を前に仕事にのめり込み、変貌する伸二。新婚生活を楽しむ時間も余裕も失っていく…。心ない言葉に傷つき家を出て行った妻、そして新連載の重圧が伸二の体を蝕む。今明かされる人気連載の裏側とライバルたち。平松伸二、不屈の漫画家人生、衝撃の結末は…!?