icon_reread
また読みたい
フォロー
三角的恋愛の饗宴 (1)
中学2年生の響は、学年最高の美少女ともてはやされる高嶺の花的存在。そんな彼女が愛しているのは、義理の兄である亮。亮を振り向かせるためなら手段を選ばない。響は亮の気を惹くため“当て馬”的彼氏を作るが――。
三角的恋愛の饗宴 (2)
義兄である亮の気を惹くため、昌平とつきあうことにした響。一方、亮は響の挑発に振り回され、鬱々とした日々を送っていた。そんなある日、ストレスが限界に達した亮は、ついにとんでもないことをしてしまうー。
三角的恋愛の饗宴 (3)
本命彼女かや乃を愛しつつも、義妹である響に対する愛情が日に日に歪んでいく亮。一方響は、亮への当てつけでつきあった昌平に徐々に心を許し始めていた。この感情のすれ違いが二人を思わぬ方向へと導いていく…。
三角的恋愛の饗宴 (4)
一人暮らしを機に響のことは封印しようとしていた亮だったが、引っ越し前夜、ついに響と関係を持ってしまう。歯止めがきかなくなった亮は、どんどん泥沼にはまっていき、響への要求もエスカレートしていくのだった。それぞれの行く末は、そしてこの歪んだ関係の結末は――。ついに完結!