reread
また読みたい
フォロー
雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説「麻雀放浪記」を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化。退役軍人の息子として生まれ、苦労せず育った哲也は、勤労動員で博打の味を憶える。終戦後、父の恩給が途絶え、一家の大黒柱として家計を支えるべく哲也は、チンチロや麻雀の世界へ飛び込んで行く――。
雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説「麻雀放浪記」を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化。上州虎による泥棒のせいで家にいずらくなった哲也はオックスクラブのママの元で、玄人としての腕を磨く。そんな折、不思議な麻雀打ち・清水に出会う。彼は牌が透けて見える“ガン牌”の使い手だった――。
雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説「麻雀放浪記」を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化。坊や哲の宿命のライバル、ドサ健が、“麻雀会社”を設立、上野界隈を大きな顔で闊歩するようになっていた。そんなドサ健のやり口に、チンチロの主、チン六が身包みを剥がされてしまう。一方、坊や鉄は、最強のバイニン・出目徳と出会って……。
雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説「麻雀放浪記」を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化した第4巻。坊や哲は凄腕のバイニン・出目徳から秘伝のツミコミ“二の二の天和”を学ぶ。各地の博奕宿を旅打ちして腕を磨き、ドサ健が経営する喜楽荘に乗り込むが……。
雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説「麻雀放浪記」を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化した第5巻。坊や哲は凄腕のバイニン・出目徳とともにドサ健が経営する喜楽荘に乗り込む。至上のコンビ芸、“二の二の天和”で宿敵・ドサ健を追い込むが……!?
雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説『麻雀放浪記』を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化した第7巻。女衒の達をオヒキにしてボスとなった坊や哲。その一方で、宿敵・ドサ健は出目徳に雪辱を晴らすべく、金策に動くが……!?
雀聖と謳われた阿佐田哲也の傑作小説『麻雀放浪記』を、当代随一の麻雀劇画家の嶺岸信明が劇画化した第8巻。かつての相棒・出目徳の策で賭場を失った坊や哲。その一方で、宿敵・ドサ健はイカサマ芸を磨き牙を研ぎ復讐の機を窺うが……!?