あらすじ

過去と現在を繋ぐ、血まみれの糸 人が異形の獣と化す病、害獣病が蔓延する世界。ノピン大統領・ツユボネによる、アキミアへの「裏の命令」。その罪の重さに心が蝕まれながらも、アキミアは与えられた任務を続けていた。一方、ノピンを見限ってエドゥルへの移住を決断する国民が急増。ツユボネの権威は失われつつあった。そんな中、ツユボネが過去に犯した重大な罪に気づいたアキミア。その先でひもとかれたのは、血塗られた一族の歴史であった――