reread
また読みたい
フォロー
度重なる誤解をといて、ようやく結ばれたソフィーとキット。だが、軍の赴任地から久しぶりに戻った彼は、相変わらず愛を交わすときには情熱的だけれども、以前のキットとは別人のように陰鬱な雰囲気を漂わせていた…。思いわずらうソフィーだったが、キットからのプロポーズと実母にともに会いに行ってほしいという言葉で、この上ない幸せに包まれていた。――しかし、ソフィーは知らなかった。キットが決して人には言えない重大な秘密を抱えていることを…。