icon_reread
また読みたい
フォロー
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(1)
紀元前・中国……大陸は一人の男によって初めて統一される。後の世にはその本当の名より、初めての皇帝「始皇帝」の名で知られる絶対者の支配は苛烈を極めた。その支配者を討たんと、一人東に向かう男あり……名を張良(ちょうりょう)、字を子房(しぼう)という。後の天才軍師・張良を主役に据えた川原版“項羽と劉邦”堂々開幕!!
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(2)
滅ぼされた韓と弟の仇を討つため、始皇帝を倒す旅に出た張良。黄色い石を握りしめていた黄石、四凶の名を冠する強者・窮奇を仲間にする。そして博狼沙で始皇帝を暗殺しようとするが、失敗してしまう。秦兵の追っ手を逃れるため、名を変え身を隠していた張良だが、ある事件によって大陸は動乱期に突入する!!
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(3)
始皇帝、突然の病死により大陸は動乱の時代に突入。各地で英傑達が決起していく。そんな中、張良は“愚の龍”劉邦の軍師となる。その初戦は八千の秦軍が相手‥連敗続きで瀬戸際の劉邦軍を、天才軍師は勝利に導けるのか!? 己の首をかけた、戦いの幕が開く!!
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(4)
秦軍を張良の知略と劉邦の器で、降伏させ兵を増やした沛の軍勢。だが、事態を急変させる報せが届く。七万の項梁軍が、景駒と秦嘉を破り豊に向かっているというのだ。七万の兵、そして項梁の甥で不敗の将・項羽を擁する相手に、張良は如何なる道を選ぶのか!?
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(5)
項梁との対面を乗り切り、客将の立場と兵を得た劉邦達。兵力を増やし豊を落とした帰り路、張良は項羽と遭遇する。そして黄石を馬に乗せ、突如走り出した項羽。それを追いかける窮奇。人の枠を超えた強者同士のぶつかりあいは、如何なる結末へといたるのか?
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(6)
項梁軍の客将となった劉邦。だが…その立場は弱く、配下の兵の数はあまりに少ない。張良達は劉邦のもとを離れ、勢力を増すための旅に出る。故郷の韓の地に戻り、韓王を擁立。さらに兵を集めるため、秦の城を陥とすと豪語するが…たった二百の手勢で挑む、軍師の策とは!?
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(7)
宋義を斬り捨て、楚軍を掌握した項羽。目指す先は鉅鹿の地--。二十万以上の秦軍が鉅鹿城を囲み、反秦勢力を壊滅せんと目論む。対する項羽は、七万足らずの兵を率い進む。命を賭した戦いの行方は!?
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(8)
鉅鹿の地で項羽が二十万の秦軍を破る!! この報に活気づいた劉邦は西へ・・秦の都がある関中攻略へ軍を進める。一方、項羽は章邯率いる秦軍の動きに戸惑っていた!??
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(9)
張良の策により秦軍に勝利し、関中へ近づく劉邦軍。だが、先に待ち構えるは天険・函谷関。張良は、この難所の攻略ではなく、南の武関を通っての関中攻略を選択。その途上の宛を黄石の歌と布石によって、丸ごと奪い取ろうとしていた。だが・・策の仕上げとなる劉邦軍は宛を素通りしてしまう!!
龍帥の翼 史記・留侯世家異伝(10)
一時は策を失するも、劉邦の将としての器と張良の機転により、宛を下した劉邦軍。関中に入るため、武漢を目指し西進を続けるがその後方には、章邯を降伏させた項羽が迫る‥‥残された刻は僅か。機先を制すべく張良がとる策は!?